スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

凄まじく久しぶりの再起動 

どうも、もはや誰にも見られていることはないでしょうが、
明けましておめでとうございます。10ヶ月ぶりの更新です。

この10ヶ月、特に何かあって休んでいたわけではないのですが
いい加減そろそろ書こう書こうと思い、
年末から本気で書き始めるつもりだったんですよ。

だが、しかしこの年末年始…
以下の文章は、単なる愚痴というか、苦労話です。
特に何も面白いコトとかはありませんのであしからず。



まあそもそも27日くらいから飲み会やなんやで体に無理を
させてきてたんだと思います。
30日くらいから「ちょっとしんどいな」とは感じていたんですが、

31日の夕方辺りから本格的に体調が悪くなる。
最近の日課である「GRAN TURISMO5」をやっていると
異常な寒気がして手足が白くなり先っぽが痺れ出す(こんなん初めて)。

風呂にでも入ってあったまらねばと思い、
熱い風呂に長時間入っていると
(というか常温では鳥肌が出るくらい寒かった)

吐きましたよ(しかも多量に)

飲み会でも必死にこらえて何とか何とか
頑張ったのに…

ちょっと久しぶりの状態でしたわ
その後もひどい状態が続き、脱水状態を避けるためのスポーツ飲料を
飲んでも吐いてしまうという始末。

結局元旦は一歩も家を出れず、2日にようやくちょっと回復。
だが3日に調子にのって、外で天ぷらを食べたためにまた吐く。

どうやら弱った胃腸では脂分が消化できないらしい。

…で本日4日は一日中おかゆ。
仕事が明日からでよかったが、正月休みはほぼ寝てたな。

2年前も風邪でひどかったが、今年はそれ以上。
覚えている限り大学1回生のとき以来の体調のひどさ。



あと逆に良かったことといえば、某漫画家さんから
年賀状(らしきもの)が届いたこと。

手紙にネットとかで書くのはやめてくれとあったので
名前は伏せますが、丁寧な手描きイラストをいただきました。

色紙とかが当たるプレゼントに応募した時に(無論ハズレ)、
嫁が書いたイラストを見てもらっていたらしく
外れた人にということで送ってくれたみたいです。

まあそんなこんなで2011年が始まりました。
今年はぼちぼち書いていきますので…


スポンサーサイト
[ 2011/01/04 21:10 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

ゴッド・オブ・ウォーⅢ とりあえずクリア 

…といっても、スパルタ人(一番簡単な難易度)ですが。

攻略サイト等、全く見ないで挑んだが案外イケるものである。
ちょっと映像重視し過ぎる感もあったり、
無駄に死亡を繰返してしまう(下手くそなだけか?)ステージに
「こういった難しさはいらんだろ!」
とか思ったりもしましたが、面白かったです。
ゲームの時代の進化を感じた。


高校・大学くらいには
「(反射神経的に)もう年だし…」と思って
ロールプレイングやシミュレーションばかりやっていたが、

この年になってくると、逆にこれらのジャンルが
時間をとると言う理由で敬遠しがちになる。
アクションは別に年齢関係ないみたいだし。

とりあえずコレでネタバレも怖くはないし、
攻略サイトでも見ながらぼちぼちやりこんでいこうかと。

本日深夜2時、クリアです。

[ 2010/03/28 03:52 ] [感想]ゲーム | TB(0) | CM(0)

だいぶ久しぶりの記事 

いやー、もうだいぶ久々の更新です。

本気でこのままブログ閉鎖するんじゃないか?
と自分で考えたりもしてたんですが。

書く気力が生まれてきました。

まあ、本日はうちの職場での来年度の人事異動の
内示日だったワケなんですが。

人生で働いてきて初めて人事GJと思える
人材配置に恵まれました。

今まで人事の采配にろくな事が無かったからなぁ。


…まあ自分が部署変わったわけでわないんですが。
ワケあって詳細は書けませんが
今後はだいぶ楽になるはず。

プライベートな時間もブログのネタ探しに
躍起になるようなことは絶対ないですが、
今後はもう少し更新頻度が上がることでしょう。


ただ、明日はPS3ソフト「ゴッド・オブ・ウォーⅢ」の
発売日。しばらくやりこむ予定なので、どうなることやら


やっぱこういう状況で記事が書けだせたということは。
無意識にも仕事上のストレスが溜まっていたと言うことなのだろうか。

…なるべく考えないようにしてるというか
 気にしていないものと自分で思っていたんだが。

[ 2010/03/24 23:28 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(2)

1月&2月購入コミック 

1月購入分
『華麗なる食卓 35』
ふなつ 一輝     集英社 01/19

『とめはねっ! 6』
河合 克敏     小学館 01/07

『実在ニョーボよしえサン日記 4』
須賀原 洋行     竹書房 01/16

『ZOMBI MEN 1』
樹崎 聖 岡エリ     講談社 01/22

『カオスだもんね!PLUS 1』
水口 幸広      電撃コミックス 01/27


2月購入(予定含む)
『ツマヌダ格闘街 7』
上山 道郎     少年画報社 02/08

『ディエンビエンフー 6』
西島 大介     小学館 02/25

『美味しんぼ 104』
雁屋 哲 花咲アキラ     小学館 02/27

『ケロロ軍曹 20』
吉崎 観音      角川書店 02/26

もう2月も終わってしまいますが、最近買ったマンガなど。
特筆すべきは、ZOMBI MEN。とても面白かったです。
これは原作のある作品ですが、原作者の岡エリという方は
『ADAMAS』の脚本もやっているみたい。
こっちも面白いから、すごく実力のある方なのでしょう。
これからの活躍が楽しみです。
[ 2010/02/22 10:14 ] [日記]購入予定コミック | TB(0) | CM(0)

何故か時間がない。それなりに休んでるはずなのに 

1月中旬くらいから仕事もましになるかなー
と思っていたら、意外に早く帰れる日が少ない。

ブログを書く気力を出すには、3日連続で早めに帰れる
とかでないと辛くなってきている(年か?)。

久しぶりに自分のブログを見たら、
カラーイラスト満載のイラストブログみたいになっていて
ちょっとウケてしまった。

先週金曜日に会社の課内新年会。
今年の幹事の最後の大きめイベント終了。
…ようやく幹事が終わる。よくがんばったオレ。


漫画の話ですが、最近では雑誌で面白いのはイブニング。
「味っ子Ⅱ」・「のりりん」が良い
特に味っ子Ⅱの展開が熱い。「息子の話いらないんじゃね?」
とか思ってしまう。

長文を書く気力が無いのであと自分が勝手に選ぶ
「なんとなく今年の『このマンガがすごい!2011』に来そうなマンガ」

・テルマエ・ロマエ ヤマザキマリ
・鉄風 太田 モアレ
・描かないマンガ家 えりちん

あたりは、選ばれそう(というか選考委員がこういうの好きそう)
と思います。

いい加減雑誌感想とかたまにはやらんとなぁ・
[ 2010/01/27 23:02 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

会社の人達との食事会 

…というタイトルで記事をさきほど書いていたのだが

またもや原因不明のフリーズ、記事が消えた。
今回は出だしで固まったから痛手はなかったんだが。

前も職場ネタを書こうとしたら記事が飛んだことがあった

やはり何か書いてはイカンと言う何かしらのメッセージか。

…あまり体調もよろしくないし、小説でも読んで早めに寝ます。

[ 2010/01/06 22:07 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

2009年面白かった漫画ランキング 

書こうと思ったが、すでに0時をまわってしまった。

まあ自分自身への戒め(大げさな)ということで

とりあえず2009年ごろに出た本のうち、気になったのをいくつか。



『とりから往復書簡』(とり・みき 唐沢なをき) 徳間書店

二人の漫画家が書簡で内輪ネタのトークをやりあう
みたいな感じですが面白いです。

とり・みき先生も20歳超えたくらいからようやく面白いと
感じるようになってきた。『冷凍捜査官』もいいです。

1巻出たの2008年8月とかだが、2巻は2009年発売と言うことで





『友達100人できるかな』(とよ田みのる) 講談社

もうすぐ愛する妻が出産を控えている小学校教師(36歳)が
地球存続の危機を救うため、宇宙人に『愛』を立証しなければならない
そのために用意されたフィールドは、自分の小学生時の世界。
姿も小学生に戻った主人公は卒業までに100人の友達を作らないと…

まあ一言でいうと古き良き時代を懐かしむ漫画ですが、良いです
30前後の人には涙モノ。
大人の意識で、視点は小学生と言う見せ方が非常にうまい。
…でもリアル小学生には面白さがぜんぜん伝わらないと思う。






『魔法なんて信じない。でも君は信じる。』(西島大介) 太田出版


漫画『世界の終わりの魔法使いⅢ』がなんと出版社の不手際で消失
するという、嘘のような実録漫画です。

こういう事態もネタとして書籍にしてしまうのが、西島大介先生らしい
というか何と言うか。




『え!?絵が下手なのに漫画家に?』(施川ユウキ) 秋田書店

専門学校の学生(作者)が秋田書店で賞をとり、漫画家になる
エッセイ(?)漫画。
私、この作者好きなので、私生活とか分かるだけでちょっと楽しかったり
します。かなり信者向け臭い気がしますが私は好きです
(ちなみに嫁はこの作者は面白く感じない)





『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ) エンターブレイン

これが2009年、私の中のダークホース

当初購入予定はなかったのですが、一部での評判・売れ行きから
おそらく初版に価値が出るであろうとふんで、購入。
…が、自分の予想以上に面白かった。良い買い物をしたとシミジミ。

ローマ時代の風呂専門の建築技師が、現在の日本の銭湯にタイムスリップ
驚愕のカルチャーショックを受けた後
毎回1時間(?)くらいで元の時代に戻って未来の技術・文化を持ち帰る

というものだが、ギャグと言う分野でも歴史資料の観点からもわりと
深く描かれていて、非常に面白かったです。
ノリとしては聖☆おにいさんに近いが、ギャグを削って文献・うんちく
要素をだいぶ強めた感じ。

おそらくこのくらいのマイナー度が、この年末に出る
「このマンガがすごい2011」とかにランクインするであろうと予想。

ちょっと本格的にレビューを書こうかなと久々に感じた作品。





[ 2010/01/06 00:53 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。