スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

和を以て器と為す。此、丼の神髄なり 

作品名: 旬 -味彩の匠-
著者: 高倉みどり
雑誌名: 月刊少年マガジン(後に
マガジン増刊GREAT 講談社)
初出: 2003年 4月号



 明治創業の老舗の蕎麦屋「倉そば」。
4代目の店主、倉田安夫が交通事故で肩を痛め店の経営は悪化の一途。さらに連帯保証人の友人が逃亡したため、1億円もの借金を背負うことに。
このままでは権利書を奪われ、店は廃業してしまう。
 
 店を建て直すため、カツ丼しか料理の出来ない息子、倉田旬が立ち上がる。
借金返済を楯に、貸し主である青沼知彦は旬に数々の課題・料理勝負を持ちかける…
「調和の天才」という天賦の才を開花させ成長していく旬と、青沼の目的は?

「人は誰しも食べ物に感動した経験を持っている」

料理に対する素直な感動をモチーフにした、
高倉みどりの料理コミック。



個人的にはなかなか良い漫画だと思います。
料理漫画では「ミスター味っ子」や「美味しんぼ」といったところが、思い浮かぶでしょうが
これもなかなか。本格的な料理漫画は女性漫画家では珍しいのでは。
一流どころの料理漫画とはスタンスが違いますが、
もっとヒットしても良かったかなーと思っています。

小料理屋の息子という点では、味吉陽一と同じですが、「味っ子」とは違い、
倉田旬は、特に店の手伝いをしていたわけではなく、
作れる料理もカツ丼のみ
ということで、最初から凄いわけではなく、成長していく様子を見ていくタイプです

基本的には料理勝負が中心でありますが、普通と大きく違う点は
課題が丼勝負であるという縛りがある点です(「華麗なる食卓」のカレー縛りみたいな)。

「丼だけでネタが尽きないの?」という感じですが、
上手い具合に話を作っていますねえ。
特にオススメは一巻から二巻にかかる第3・4話の「地鶏丼対決」です
私はこの話で買おうと決意した話です
(以下詳細 ネタバレあり)
 
スポンサーサイト










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。