スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ファンタジウム 感想 

俺も 大人になったら
祖父のような魔法使いになりたいと思っていた



著者:
杉本 亜未
雑誌名:
モーニング2(講談社)
初出:
2006年 No.1



天才魔術師である北條龍五郎の孫、
英明はセキュリティー関係企業に勤めるサラリーマン。
仕事上、非合法カジノに入る機会を持ち、
そこで神業のような技術を持つ、
代打ちの少年に出会うことになる。
その少年のことが気になる北條は、彼を捜し出し
祖父の唯一の弟子であるということを知る。
少年の名は長見良。
彼はとある理由により学校に通うこともなく
実家の工場で働いていた…
祖父から受け継いだ才能を枯れさせないために
北條は良を世界の舞台に立たせようとするが…



杉本亜未が描く繊細で華麗なマジックの数々
紳士淑女の皆さん!!
長見良の織りなす舞台をご堪能あれ。
スポンサーサイト










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。