スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近見ているアニメのこと 

今更ですが、『ひぐらしのく頃に』
を見ています。
絵が萌えな感じなのに、怖いんです!
ミステリは好きですが、ホラーはダメなもので、
きゃあきゃあ言いながら(私が)、二人で見ています。
↓あんまり、似てませんがレナを描いてみました。

スポンサーサイト
[ 2009/06/24 12:10 ] [感想]アニメ | TB(0) | CM(0)

4月期アニメについて 

とりあえず新番組は一通り目を通し、
(開始1分で視聴を止めたやつもあったが)

現在3週目。
だいぶ切り捨てて現在見ているアニメは5本くらい。

ハマり具合第3位『シャングリ・ラ』
池上永一先生のNewtypeにて連載していた小説のアニメ化。

放映前はアニメ雑誌等を見て一番興味を惹かれた作品。
わりと作りも丁寧で高評価。

でもキャラクターデザインの村田蓮爾さん
この人画は抜群に巧いと思うがアニメのような動くもの
には向かないなと感じました

原作者の池上永一さんにもわりと興味がある
機会があれば読んでみたい。

昔、BOOKOFFでこの人の「テンペスト」という作品が
100円で売ってたのでその時に買っておけばと後悔。

…まあその時点では全然知らなかったので
 「池上遼一先生は小説もお書きになるのか」とか思ってました。


第2位『亡念のザムド』

1話目だけ見た時点ではこれが一番面白かった。
さすが有料配信していたアニメだけありお金がかかっている感じ

画風が完全にエウレカセブンとジブリ(ナウシカ・ラピュタ・もののけ姫)
を足した感じになってしまっているが、まあいいでしょう。


そして現時点で今期一番面白いと思っているのは
『東のエデン』

1話目時点では「うーん、どうだかなぁ」と思っていたが
2話目から(というかまだ2話しか見てないが)、
監督の神山テイスト炸裂という感じ。

…というかこれどうやって11話で終わらすんだよ。

最近1クールが標準になってきつつあるな
これも時代か。



あとは次点として「夏のあらし!」
これは漫画の原作がどうこうと云うよりアニメスタッフの手柄。
息抜きに見ています。

このアニメの主題歌を歌う「面影ラッキーホール」という
バンドがすごい。
えらい人を引っ張ってきたものである。

まああといくつか。
ちょっと疲れてきたのでこの辺で。




[ 2009/04/23 22:51 ] [感想]アニメ | TB(0) | CM(0)

のらみみ2 

がはじまったので、
いつの間にか
ブロッサム占いものらみみ2に
なってました。

下の神経衰弱ゲームも
面白いのでぜひやってみてください。

[ 2008/10/23 12:08 ] [感想]アニメ | TB(0) | CM(0)

最近見ているアニメ 

『十二国記』を観ています。
ファンの方々からしたら、すごく今更
だとは思いますが…。
ちなみに小説も未読。

ずっと三国志みたいな話と
思いこんでいたのですが、
思っていた以上にファンタジー色が
強くて驚きました。
今まで、ミステリ、怪奇、SFとかばかり
読んでいて、ファンタジーは小説もアニメも
あまり読んでいないんですが、
意外とアニメは面白く観ています。

実際はもっともっと複雑なんですが
凄く簡単に言うと、
平凡でおとなしい普通の高校生の陽子が、
ケイキという青年によって、十二国の世界に連れ去られ、
裏切られたり、利用されそうになったりと、
数々の辛い目にあいながらも、
親切な人々の出会い、成長しながら、
十二国の国の一つ慶国の王になる物語。
これが一番最初の章
『月の影 影の海』の内容です。
小説の方は未だ完結せず、続刊されているとか。

キャラクターも多いですが、
最も気に入ってるのが、
途中に出てきて、陽子を助けてくれる、
楽俊という名の鼠の姿を持つ半獣。

何度も裏切られ人間不信になり、
本当に自分の身を案じてくれている楽俊のことも
信じられないでいる陽子だけど、
徐々に心を開いていくところはとても
よいシーンだと思います。

陽子に、
試験でよい点数を取りたいとか
お金持ちになりたいとか
神に祈ったりしないのかと問われ、

「良い点数を取りたいなら、
頑張って勉強すればよいし、
お金持ちになりたければ、
一生懸命働けばよいだけだ。
そんなことを神に祈ってどうする」


と答える楽俊。
とても達観しているというか、
悟りをひらいているというか、
人間こうありたいものです。

というわけで、しばらくは
『十二国記』を観ているはず。

[ 2008/09/07 21:12 ] [感想]アニメ | TB(0) | CM(0)

新番組が続々 

新番組のアニメが続々放映されています。
とりあえず、第1話ぐらいは・・・と、結構いろいろ見ました。
コードギアス 反逆のルルーシュ R2
マクロスFRONTIER

→この辺は予定通りですが。

ソウルイーター
→レイトショーもあって、内容が違うのかと思いきや
全く同じでがっかり。内容は普通。
死神の少女と彼女の武器になれる少年の冒険?という感じ。
継続してみる程では・・・・・・

絶対可憐チルドレン
→GS美神は好きでしたけども・・・・・


→これが意外に面白い。継続して見ようかと思います。
少し西尾維新っぽい。
もめ事処理屋の少年と、彼が守ることになった
大富豪の少女の物語。
まだまだ謎が多いですが。

RD 潜脳調査室
→未見。
5月19日(月)26:29スタート予定だそう。
今のところ要チェックです。



[ 2008/04/14 20:34 ] [感想]アニメ | TB(0) | CM(0)

マクロスF 

『マクロスF』の本放送開始に先駆けて、放送された
SP版がなかなか良かったので、期待していた作品。

ストーリーが少し変わっていましたが、
十分面白く、映像も素晴らしかったです。
ランカ・リー は、新人声優ということでしたが、
さすがに歌が上手。
作中の中で、自分が働いている中華料理屋さんのCMを
ゴージャス デリシャス デカルチャー♪
と歌ってたのも可愛らしかった!
しかし、
“銀河の妖精”こと歌姫・シェリル・ノーム
はさらに上手いです。
声の遠藤綾(『らき☆すた』(高良みゆき)さんです)
が歌っているのかと思ったら、
歌はMay'nという本職の方でした。
2003年の第28回ホリプロ・スカウト・キャラバンで3万5千人の中から選ばれた実力派シンガー
なのだそう。素晴らしい歌声でした。

今後も期待大です。

「ランカのデリシャスでかる茶(ちゃ)シュー」
「シェリルのギャラクシーシュークリーム」

というのが、3月25日より全国のam/pmにて期間限定で販売するらしいです。
興味のある方は食べてみては。


[ 2008/04/04 22:27 ] [感想]アニメ | TB(0) | CM(0)

マクロスF 期待が持てそうだ 

先日録画しておいた
『祝25周年!あのマクロスが帰ってくるぞSP!!』を見た。

良くある企画モノだがわりと楽しめた。
基本スタイルとしては
当時の映像のダイジェスト(といってもほとんどは劇場版)と
新作の宣伝。制作の過程。
何故か芸人さんが取り仕切るといったもの。

何といっても衝撃的だったのはマクロスシリーズではお馴染み
春からの新作『マクロスF』でも総監督を務める河森正治

1982年に放映された『超時空要塞マクロス』においても
メカニックデザインから企画・構成・演出面でも関わっていたが

当時二十歳そこそこ!
(しかも大学に通いながらという恐ろしさ)

さらに84年に公開された『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』
では、監督として抜擢。

その際、24歳


…凄すぎる

どうにも福満しげゆきさんと同じで年齢が気になってくる歳なのだろうか

まあ、バルキリーのデザインの制作過程についても凄かった。
この人は芸術家と言うよりはエンジニアなんだなと納得。

これだけでも見た価値があった。

それから『マクロスF』の第1話ディレクターズカット版の放送。

…なかなかクオリティ高し。
制作者達の熱意が見える期待の持てる作品でした


『ガンダムOO』の制作サイドに
爪の垢を煎じて飲ませてあげたい。


まあ4月から放映らしいのでチェックすべきと
自分に言い聞かせました。


[ 2007/12/29 22:20 ] [感想]アニメ | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。