スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イブニング スピリッツ 感想 

「イブニング No.18」(講談社)

「とろける鉄工所」(野村宗弘)

ちょっとアレだな、風が吹いてきたな。
怒濤の3本立て。

造船所への見学レポ。

それにしても担当のK添さん、
こんな生きているだけでネタになる人がいるとは。

田園調布の家に住む超お嬢様担当だそうですが、

流石に最後の
ドッグで造っていた船は担当さんが購入した物
(全長200mの客船)

っていうのはネタでしょ? ネタ…ですよね?

この追い風をどう利用するかで今後の命運が
決まるでしょう。

個人的には今回のような担当さん前面な展開は
押さえておいて、マニアックな溶接知識に絞った方が
良かった気がするんですがどうでしょうか。

これで担当さん人気のみに火が点いてしまうと
どんどんそっち方向の人気取りに走り、
作品として危険な気が…。

まず活躍は単行本のオマケページあたりで
とどめておいた方が吉と出たような。

もうやってしまったので仕方ないですけどね。
でも、まず人気はこれで上昇するはず。


11月7日に創刊される新雑誌『good!アフタヌーン』も
わりと期待しています。

『もやしもん』の石川雅之先生が「魔女っ娘もの」で
参入するとのこと。

…女性キャラの描き分けとか大丈夫なんでしょうか。

個人的にはカラスヤサトシ氏に期待。




「ビッグコミックスピリッツ No.39」(小学館)

「ココナッツピリオド」(山田玲司)

地球温暖化を考えるマンガ。

今回のテーマは、「一瞬でCO2の削減を行う方法とは?」

読みやすくて中々面白いんですが、
いろいろツッコミ所は多かった漫画。

環境を大事に考えていたはずの博士が、
凄まじい排気量のランボルギーニを乗り回し
部屋にはいると壁一面に何十個ものディスプレイを
点灯させている。

実は車には廃棄天ぷら油で動く工夫、ディスプレイは
有機ELなので、超省エネ。

…みたいに描いてたんですが、
「そんな車を作ろうとしたら
完全に新しい製造ラインを作る必要が…」
「有機ELを作るための設備を作ろうとするエネルギーは?」
「そもそも車に乗る必要なくね?」
「そもそも壁一面に… 以下略」

と思っていたんですけどね。
今号、初めて私の意見とも合致する意見が。

「夜は 寝る」

単純ですがこういう方向性につきると思います
そもそもエコ(こういう言い方は好きではないですが)
なんてものは究極的には

「人間の生きていくためのエネルギーを削る」

物だと考えています。
極力ものを買わず、作らず、移動せず(させず)。

それによって産業が衰退する!不況になる!
とか言われるでしょうが、そりゃそうでしょう。

そもそもそれがエコなんですから。



「高校球児 ザワさん」(三島衛里子)

作画のデジタル化が進む中、
トーンを全く使わない丁寧さは認めます。

…一挙2話掲載って、足してもページが少ない。


「男魂!! インポッシブル」(深海魚)

…実はアンドロイド  って  エエーッ!?

何というか、ここでその設定にする意味の不明さに
非常に驚いた。

どうやって終わらせるんだろうか。
最初からこうやって終わらそうと考えていたのだろうか。

この作品により何を伝えたかったのだろうか。
そろそろ終わるんでしょうが最終回に期待です
(今回から興味出てきた。今までは流し読み)



スポンサーサイト
[ 2008/08/25 22:43 ] [漫画雑誌]08年07~09月 | TB(0) | CM(2)

さようなら、ヤングサンデー 

雑誌休刊がニュースになったころは、
まだまだ先と思っていたが、今号をもって休刊。

恐らく復活はないであろうと思い

どういった形の最終回のオンパレードなのだろうと考え
中身も確認せず購入し、家に帰ってみてみたら、

…ほとんど終わらずに移籍じゃん!
(しかも大半がスピリッツへの移籍)

単なるスピリッツのテコ入れなのにも関わらず
話題作りにのせられてしまった感があるのだが…

『ビーチスターズ』とかはきちんと終わるのかな
とおもっていたんだが。

唯一まともに終わって面白かったのは『絶望に効くクスリ』

先週最終回みたいなことが描いてあったのだが、
最後の「ゲスト」という意味だったんですね。

『魔Qケン』がIKKIに移るのはさすがに想定外。驚いた。
サルマン2の代わりみたいなモンか。


気になっていた、『おやみプンプン』『アオイホノオ』『とめはねっ!』
も全てスピリッツに移籍。

下手したら3つとも最終回と思っていたため
ちょっと気合いを入れてレビューを書くかと思ったら拍子抜け
(無理矢理終わるよりは100倍マシだが)

というわけで特にコメントは無し。

20年以上の間、面白い作品をありがとう
(読んでいたのは16年くらいだが)

記念にこの号はとっておこうっと
(こういう風にどんどん雑誌が増えていく)



[ 2008/07/31 22:05 ] [漫画雑誌]08年07~09月 | TB(0) | CM(0)

スーパージャンプ マガジン 感想 

「スーパージャンプ No.16」(集英社)

「ふぐマン」(徳弘正也)

新連載
うん、なかなか良いんじゃないでしょうか。
格闘路線に行かなかったら面白くなりそう。

スパイダーマンのフグ版か…。

ちょっとトラフグについて調べてみたが、漫画のネタになるような
特徴って、ちょっと見あたらなかったのだが、毒以外に
目新しい材料があるんだろうか。

あと作中にあった、化石燃料の代わりとなるエネルギー媒体に
マグネシウムを使うという研究は普通に凄いと思った。



「暁!!男塾 -青年よ、大死を抱け-」(宮下あきら)

味方となった謎の覆面戦士
…正体を明かさないまま、読者クイズにしちゃったよ!

引っ張ったあげく、つまらん結果に終わりそう。

最初は大豪院邪鬼の息子かと思っていたが、
ここまでするということは、『予想のしようがねぇよ!』
といようなキャラなのであろう。



「週刊少年マガジン No.34」(講談社)

「ゼロセン」(加瀬あつし)
新連載。旧日本軍の軍人がなんと現代世界へ…

まんまノリが週刊少年チャンピオンでやってた
「発明軍人 イッシン」(阿部秀司)なんですが…

何度も何度もやりすぎて、逆に新しいというのを
狙っているのだろうか…

次号から見ることはないでしょう。



「はじめの一歩」(森川ジョージ)

絶対に今週はゴングが鳴るところで終わると思っていた。

引っ張りすぎ感はあるのだが、
それを差し引いてもやはり面白い。



「もう、しませんから。」(西本英雄)

マガジンspecial連載中に小学館の漫画賞に応募していたとは。

…やっぱすごいなこの人。
そりゃ賞を取って付いた担当(小学館の)もどうしていいか
とまどうわな。



[ 2008/07/23 22:45 ] [漫画雑誌]08年07~09月 | TB(0) | CM(0)

ここ最近の漫画雑誌 

どうも『わざわざ書こう!』という気になれなかったのと、

仕事と引っ越しの後片付けが予想以上に忙しく
また、だいぶ期間が空いてしまった。

漫画内容をけなすだけの記事とかは書きたくないので
書けなかったところもある。

新しく、机と椅子を注文したが、記事を書く肝心の
PCが決まらない。
家に帰りさっと記事を書けるようになるのは8月くらいか…


最近「おおっ!」と思ったのは水木しげる先生が
新連載を描いたことだろうか(ページ数少ないけど)

次週のスピリッツより山田玲司先生が新連載。
ヤンサン連載中の『絶望に効くクスリ』がそのまま移って
来たような感じ。

もう、こういう漫画の人になってしまったなぁ
(私は昔より今の方が好きなのでこれでいいのですが)

上手いこと雑誌休刊のピンチを退けた一人だと思う。
(Dr.コトーもビッグコミックオリジナルに移籍決定)

ヤングサンデーも気が付くと今月末が最終号。
多くの作家がいかにもな消化試合感を漂わせています。

前に今の(自分の中の)主要作品の移籍先を考えましたが、

小学館を離れそうな感じなのがゆうきまさみ先生。
小学館内でもいろいろあったようで、角川あたりに行くのでは
とかってに思っています(Newtypeとかエースあたり)。

…なんかもう全然まとまりませんわ。


最後に、今週の『こち亀』は酷かった。
(同じような回は以前から何回もあったが)

『連載開始から、一度も休んだことがない』という
記録を続けるためだけの手抜きの内容。

質を落としてもとりあえず落とさない
続けることこそが目的だと本気で思ってそうだ

…この作品もいい加減終わらすべきだと思うがなぁ
(昔は好きだったんですけどね)


[ 2008/07/14 23:50 ] [漫画雑誌]08年07~09月 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。