スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ただのコピペです 

某掲示板にてたまたま見つけたコピペ

もしかしたら世間ではわりと出回っているかも知れないが
面白かったので載せてみました。



メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも活きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、「すばらしい魚だね。
どれくらいの時間、漁をしていたの」と尋ねた。
すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。

旅行者が「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。
おしいなあ」と言うと、漁師は、 自分と自分の家族が食べるには
これで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者が聞くと、
漁師は、 「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。
戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」


すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、
きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、
もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は
上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と
増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。

そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品
加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみは
このちっぽけな村を出て メキシコシティに引っ越し、ロサンゼルス、
ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンの
オフィスビルから企業の指揮をとるん だ」

漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、「今度は株を売却して、
きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、
日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、 孫と遊んだり、
奥さんと昼寝して過ごして、夜になったら友達と一杯やって、
ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう?」



調べてみるとわりと有名(?)なアメリカンジョークなのだそう
参照サイトは『わーど わーるど』

他のもざっと見たが、これが一番面白かったなぁ。

…それだけです


スポンサーサイト
[ 2008/02/27 22:05 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

スーパージャンプ その他感想+ニュース的な何か 

「スーパージャンプ No.6」(集英社)

「江戸前鮨職人きららの仕事 ワールドバトル」(作:早川光 画:橋本孤蔵)

客一人一人の顔を見てコハダを握る。
個別に対応していく握りが修行の成果か、ふむふむ。

今週も話の筋と特に関係ない(男の)シャワーシーンあり。
毎回出るのが当然のようになりネタにならなくなってきた…



「暁!!男塾 -青年よ、大死を抱け-」(宮下あきら)

とりあえず、今回の大会『アルマゲドン(漢字は省略)』で
前作の天挑五輪大武會編に出てきた
・狼髏館(ろうろうかん)
・淤凛葡繻十六闘神(オリンポスじゅうろくとうしん)
・厳娜亜羅十六僧(ガンダーラじゅうろくそう)
・王家の谷の守護者達(ファラオ・スフィンクス)

が出ることに(この戦いは各チーム5人選抜だが)


…リンかけ2といい新しい設定とかキャラを考えるのが
 面倒くさくなってきたんですかね。

だが懐かしいことは懐かしい(単行本持ってるけど)



「週刊少年サンデー 13号」(小学館)

「金剛番長」(鈴木央)

卑怯番長編完結。
うーん、始まる前は凄い期待をしていたものだが、全然続きが気にならない。
先週とか、読者に○○番長募集!みたいなコーナーができてたし

ラッキーマンみたいにしていきたいんだろうか。


『最上の命医』はまだまだ面白い。
ウエキの人の読み切りも意外に面白かった。おそらく
連載するだろうが、そうなるととたんにつまらなくなるはず
(長く続かせるのは設定上難しいという意味で)
読み切りでおいておくのが無難な気がしました


あと軽いニュース
「少年サンデー」と「少年マガジン」編集部が協力、新雑誌編集へ
というもの

とりあえず増刊という形でコナンと金田一の過去の作品が
掲載されるらしいですが…。

…こけそうだなぁ。過去の作品にすがるという姿勢が既に。


[ 2008/02/27 21:51 ] [漫画雑誌]08年01~03月 | TB(0) | CM(0)

このごろ 

広告(エロ的なコメント)が多く、
不思議に思っています。
何故でしょう?????

あと夫は、ちょっと風邪気味です。
雑誌感想を楽しみにしている方、すみません。

明日は、スーパージャンプの感想を書くと
申しております。

最近読んだのは、
『カランコロン漂泊記―ゲゲゲの先生大いに語る』 (水木しげる)
漫画もあり、エッセイ文には挿絵もあり、
すごく読みやすい一冊です。
随所から、水木しげる氏の優しいお人柄が知れる
とても良い本だと思います。
幼少の頃、戦時中の体験、現在思うことなどなど、
テーマ毎にまとめられています。
中では、小林よしのり氏の『戦争論』について言及されたりも。
小林氏の勇ましさは、もちろん大切なことだと思いますが、
水木氏の穏やかさも忘れてはいけないことだなぁと思った次第です。
ちなみに解説は、京極夏彦氏です。

[ 2008/02/26 22:04 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

ヤングジャンプ その他感想 

「週刊ヤングジャンプNo.12」(小学館)


「ハチワンダイバー」(柴田ヨクサル)

自分が勝てば、即相手が死ぬという境遇での勝負…

緊迫感の状況を作り出した行きは分かるが
将棋以外の持ち味を最近出しすぎている気がする。

コマとかどんどんおっきくなってきているしなぁ
ちょっと危険な香りがしないでもない


「風が強く吹いている」(作:三浦しをん 画:海野そら太)

弱小チームが強くなっていく過程が面白い作品になると
期待していたんだが。

元から速い主人公が一人で成長していく姿ばかりが…

うーん。なんで駅伝とかの舞台にしたんだろう。
ここ2ヶ月くらいずっとこんな感じ。

脇を固める人たちにスポットが当たる前に
連載が終わってしまいそうだ。



「ラッキーセブンスター」(橘賢一)

パチスロ漫画最終回。
…何というかこう、(週刊少年)ジャンプの典型的な
全2巻漫画の最終回を見たような、そんな回でした。


「華麗なる食卓」(画:ふなつ一輝 監修:森枝卓士)

恵那恵VSジンジャー 何げにこの恵那恵、決勝で主人公とあたる
ダークホースではないかと予想しております。

しかしトーナメントの人数が多すぎる。
刃牙の最大トーナメント編みたいになってきた。
ちゃんと試合すると50巻とかになりそうな…

単行本と言えばこの漫画、コミックになるのが遅いんですよね
4月発売予定の28巻。収録内容は去年の6月。
この開きは一体…



他の雑誌の話
ヤングチャンピオンで連載中の『もずくウォーキング!』が次号最終回。
横にオススメと書いてあるとおりかなり好きな作品でしたが…残念。

次回作に期待します。3月に速攻で出る予定の3巻も購入で。

…あとヤングサンデーの『バカ丸式!受験必勝ガイド』も次週で終わり
こちもわりと嫌いではなかったです(単行本は買いませんが)。


久しぶりに書いたので書き方を忘れた感が…
一月くらいはリハビリだな。


[ 2008/02/22 23:37 ] [漫画雑誌]08年01~03月 | TB(0) | CM(0)

まだだ、まだ終わらんよ… 

全然書いていませんが、ブログを終わらせるつもりは
とりあえずはまだまだないですので念のため。

今日こそは漫画の記事を書こうと意気込んでいたら

たまたまダウンロードしたPS3の体験版ソフト
『ぽちゃぽちゃあひるちゃん』にかなりはまる。

基本的にタイムアタックを競うミニゲームですが、

1つの面で世界ランキング400位に食い込む。

今まで2時間近くやっていた…。



あとたまたま見ていて『凄い』と思ったニュース

レコード針を使わずにアナログレコードを再生するというもの

レーザーでアナログレコードの「音」を読み取るらしいが
かなりの技術力の凄さを感じた。
はっきりいって100万円は安い(私は買えないですが)。


もう一つはバージニア工科大学の学生、画期的な「重力電灯」を発明

>「グラビア(Gravia)」と名づけられたこの円柱状の形をした
>フロア・ランプ。内部に重りとLED電球がセットされており、
>この重りが重力の力で徐々に下がっていく力を使って発電し、
>その電力を使ってLED電灯を燈すというメカニズムが組み込
>まれている。


個人的には凄まじく画期的なのではと…
量産化も近いそうですし。

この記事を読んだ妻の一言
この商品のマスコットキャラ(女性)になる人は
グラビアアイドルやね


更に蛇足
今日読んだNewtonによると卵の保存方法として
とがった方を上にして保存すると黄身に細菌がつきやすくなる
とのこと

ブラックホールの構造よりこちらに着目してしまった。

…明日からボチボチ書いていきますので。

[ 2008/02/21 22:48 ] [感想]ゲーム | TB(0) | CM(0)

いつのまにか 

10000ヒット!!!ありがとうございます。
最近、更新も滞りがちで、申し訳ないです。
昨日から、元のパソコンライフに戻りましたので、
イラストも描いていけたらと思っています。

今日はずっとパソコンの整備をしていたわけですが、
マイクロソフトの更新をしていて、
いったんWindows Internet Explorer7を
インストールしたものの、重たいし
戻そうと思って、アンインストールしたら、
そこからが大変でした。
インターネット自体が出来なくなって(当たり前ですが)、
どうにもしょうがなくなって、
結局、別のパソコンでInternet Explorer7を
ダウンロードして保存し、再インストールしたのでした。
自業自得とは言え、これだけでかなり時間を
費やしてしまいました。やれやれ・・・。

久しぶりのイラスト。
最近凄くハマっていたアニメ、攻殻機動隊の主人公です。
こんなに格好いい女性はなかなかいません。
いずれまた描きたい人です。
少佐
[ 2008/02/17 13:13 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(2)

宇宙兄弟 

夫の薦めで、読んでます。
味のあるシンプルな画も良いですし、
何よりストーリーが面白いです。

今週号は日々人に呼ばれて、アメリカにいる六太。
昔みたいにお互い張り合って、切磋琢磨したい日々人だけど、
選抜試験の結果にも自信が無く、そんな気になれない六太。
でも、近所の老夫婦と話をしている内に・・・。
ここで、宇宙兄弟の第1話が読めます。

あと関係ないですが、
新宇宙飛行士選抜試験の最後の面接で、
英語の質問をした人が
(おかっぱみたいな少し変わった髪型の人)、
すごく向井万起男氏のようだなぁと思いました。
向井万起男氏は、宇宙飛行士向井千秋さんの旦那様。
著書の『君について行こう』には、
向井千秋さんとの出会いから、
宇宙飛行士として宇宙に飛び立つまでを
詳細に、とても面白く書いてあります。
宇宙兄弟を面白いと思った方は、
ぜひぜひ読んでみて下さい。
全然堅苦しくないので、すごく読みやすいです。

[ 2008/02/15 19:04 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

最近・・・ 

ブログの更新が滞っていて、すみません。
まだまだ寒くて・・・。
もう少し暖かくなったら、頑張る所存であります。

最近の話題としては、
PS3が、わりと活躍しています。
ネットは、毎日見てますし、
近頃楽しんでいるのが、無料体験版のソフト。
リッジレーサー7とか、イマビキソウとか、
少ししかできませんが、十分楽しめます。
レースは、1面しかありませんが、車も何種類か選べるし、
画像もすごく綺麗で、
もうこれで、買わなくてもいいかなーという感じ。
たまーに、ちょこっとだけ、
いろんな種類のゲームをしたい方には、おすすめ。
[ 2008/02/14 22:37 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

ハズカシイ話 

今日は、久しぶりにミスタードーナツに。
以前もらったミスドの手帳には、5つまで100円で買える
割引券が着いているので、それを使いました。
CMでもよくやっている、リッチドーナツの新しいのにチャレンジ。
これもまた美味しかったです。
ふわふわして、いつものとは全然違うし、
クリームもたっぷり入って、ボリュームも満点。
カスタードや生クリームと言った定番もいいですが、
マロンクリームもなかなかいけてます。
本来の値段は1.5倍くらいしますから、なかなか買えませんけど・・・。

話がそれましたが、表題の件。
ミスドは、自分で好きなのをとって、会計する仕組み。
そのことをすっかり忘れていて、
ついレジで、アレとソレとくださいと頼んでしまいました。
ハズカシイ(>y<;)。

[ 2008/02/08 22:11 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

漫画アクション No.4 感想 

「漫画アクション No.4」(双葉社)

「サマヨイザクラ」(郷田マモラ)

新連載。来年から始まる裁判員制度をモチーフにした漫画。

主人公相羽圭一は、住んでいたアパートも追い出された
いわゆるネットカフェ難民のフリーター。

そんな彼の実家に一通の手紙が…


面白かった。この人の漫画では珍しく(?)
最初からグイグイ引き込む物があった

バンチで連載中の「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」
(元々小説ですけど)とかと比べてみて、

リアルかどうかは別にして、やはりちゃんと『漫画家』が描くと
違うなと感心した。

最近原作付きの作品が異常に増えてきた気がするが
(創るのが楽だからだろうか?)、漫画としての見せ方が
下手なモノが多い気がする。




「おちけん」(川島よしお)

新連載第2回。これもなかなか。
第1話がこちらから無料で読めますが、これだけ見ても
ちょっと面白さは伝わらないかも(今週分も見て欲しい)…

大学生の落語家を目指す(のか?)主人公の漫画。

…こういうのも描けるんですね。意外。




「脳内格闘アキバシュート」(本田真吾)

10日間、左ミドルの特訓だけで挑むプロ試験。
さらに、1R目はパンチのみという条件付き。どうなる?


うーん、一般人(というかそれ以下)がこれだけの特訓で本当に
合格できたら、皆がまねするのでは?
次号に期待。

単行本1巻が発売されましたが、太い帯にあまりにでっかく
「森恒二氏、大絶賛。」と書かれていたのにウケた。


[ 2008/02/06 21:08 ] [漫画雑誌]08年01~03月 | TB(0) | CM(0)

日々寒いですね 

どうも。寒さのあまりブログ休眠中の管理人です。

今日は珍しく家の掃除をやっていた最中
どうせ寒いならと思い、現在暖房器具もない中
キーボードを叩いております。

そのなかで、堆く積んである週刊少年ジャンプを
どうしようか思案中。
(面倒なので写真は無し 一年近くとっている)

ちゃんと読んで供養しないと捨てられないしなぁ。

中学時代をピークにアホみたいに読み込んでいたが
最近は新連載でも全く読んでいない物とかが…

11月にある程度消化したのだがそれ以降はまたたまっている
D・グレとか、「何か生き返ってない!?」とかちらっと見たとき
思っていたら、その時にようやく理解した
(だが理屈がまだイマイチ分かっていない)。

早急に鎮魂せねば…

手が冷えてきたのでこの辺で



[ 2008/02/03 16:08 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。