スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヤングジャンプ 漫画ゴラク チャンピオン 感想 

我ながらこの9月の更新はヒドイな…。

ちょっとここ最近雑誌も面白くなってきたので久々に


「週刊ヤングジャンプ No.43」(集英社)

「ハチワンダイバー」(柴田ヨクサル)

やはり
『ドラマ化すると漫画が面白くなくなる法則』は健在

ドラマが終わってからまた徐々に面白くなってきた。
(今週すごい後ろになってたんですが…)

将棋のことは全然ワカランのだが、この敵の攻めに応じて
どんどん返し方を変えていくという『ハチワンシステム』。
素人目では面白いのだが、熟練者から見てどうなのだろうか…

「おおーっ! この手があったか!」
とかには、さすがになってないんでしょうね

今回の主人公とヒロインの並行バトル、熱いです。



「LIAR GAME」(甲斐谷忍)

次のゲームは『回らないルーレット』
前回までの17ポーカーのように、既存のギャンブルを簡略化し
戦略性を絞りやすくするモノ。

このやり方は流石だと素直に感心
多くの人が知っているルールを持ってくるので
イメージがしやすく、ルールを単純にするため

結果までの導き方に必然性が出てくる

解答が出てから、「ああ、なるほどな」
となるわけです

17ポーカーなど、聞いてしまえば答えは単純ですが
「確かに」と素直に納得できた。

サンデーの「ギャンブルッ!」とかは
結果が「ええーっ!?」っていうのばかりだからなぁ…


関係ないですが最近の『賭博覇王伝零』
答えのの読みようがないんですが…
全然頭使わない漫画になってきたな。


「週刊漫画ゴラク No.2132」(日本文芸社)

「ミナミの帝王」(作:天王寺大 画:郷力也


工場内のクリーンルーム(キヤ●ンっぽいような…)で働く
ハケン工の話。

…親が死んで5日間休んだために時給を下げられるとは
(無論有給扱いなどならない)

一応私も昔は技術職として働いていたため
工場で試作品を流したり工場での業務も多く
同じような環境で働いてきていた人たちを見てきたため
なんというか、切実です。


「外道坊&マーダーライセンス牙」(平松伸二)

「外道坊」からタイトル一新(?)。

この人も過去の栄光にすがるなぁ…
結局新作の意味無かったんじゃない?

というかwikipediaでみたら、小栗かずまたって
この人のアシスタントだったの?
…何を学んできてああなってしまったのか。


「週刊少年チャンピオン No.43」(秋田書店)

「範馬刃牙」(板垣恵介)

克巳VSピクル この戦いは久しぶりに面白い。

てっきり
真マッハ突き→瞬時にパクられる→瞬殺
とかになると思っていたのに

鞭について調べてみたが、今回の理屈は謎
(唯一人の力だけで音速を出せるモノらしい)




書くのが久しぶり過ぎて凄い時間がかかった



スポンサーサイト
[ 2008/09/25 22:32 ] [漫画雑誌]08年04~06月 | TB(0) | CM(0)

久しぶりにゲームをやってみたり 

PS2の『瑠璃ノ薔薇』というゲームを
やってます。

発売日は2003年の11月。
かなり昔のゲームですが、
驚く程安かったので購入。
なんと、240円。
当初は、7000円を超えていたらしいので
とってもお買い得です。

謎解き系のゲームで、
ほんの少しだけアクションもあったり。
キャラが多いので、まだ把握できてませんが、
主人公役がなぜか、TOKIOの松岡昌宏。
当時はすごくリアルだったのでしょうが、
今はPS3とかも出てるので、
画像は荒く感じます。動きもぎこちないし…。

ストーリーは、新聞記者の主人公が
「キネマ屋敷連続殺人事件」という
昔の迷宮入り事件調査していたら、
事件の起きた昭和4年にタイムスリップ
してしまうというもの。
登場人物と会話しながら、気になる言葉を選択して、
情報を集め、事件の真相を解き明かしていきます。

この手のゲームが得意というわけではないのですが
(というかゲームは何でもあまり得意ではナイ)、
ミステリ好きなので、興味があってよくチョイスします。
そんなわけで、しばらくはこのゲームをしてます。
ちなみに『十二国記』は全部観ました。
とても面白かったです。
ファンタジーはあんまり…と言ってましたが、
食わず嫌いはよくないなと思いました。


[ 2008/09/18 21:51 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

最近のマンガの買い方など 

うわー、十日もたっている・・・。
お久しぶりです。
とりあえず生きています。

購入予定コミックも更新してないし・・・。
最近は、大阪に出たりしたときに、
まとめ買いすることが多いので、
今月買うつもりが来月になったり
などわりとしょっちゅう。
マンガ好きとしては、
由々しき自体であります。

ジュンク堂では、5000円以上買うと
送料無料なので、それも
結構活用しています。
わりとすぐに届けてくれるのも
ありがたいです。

あと余談ですが、
『臨死!!江古田ちゃん』の作者
瀧波ユカリ氏サイン会が、
9月27日に、ジュンク堂書店 難波店で開催されるらしいです。

このサイン会の凄いところは、
『臨死!!江古田ちゃん』の新刊が
出るわけではないこと。
普通、サイン会は新刊の売り上げUPを
願ってするものだと思うので、
これにはビックリ。
対象本も、アフタヌーン本誌でも、
違うマンガ家さんのコミックでもOKだとか。
太っ腹。

私は、猫本というアンソロジーで
初めて『臨死!!江古田ちゃん』
を読みましたが、
個性的でなかなか面白かったです。


[ 2008/09/17 17:50 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

最近見ているアニメ 

『十二国記』を観ています。
ファンの方々からしたら、すごく今更
だとは思いますが…。
ちなみに小説も未読。

ずっと三国志みたいな話と
思いこんでいたのですが、
思っていた以上にファンタジー色が
強くて驚きました。
今まで、ミステリ、怪奇、SFとかばかり
読んでいて、ファンタジーは小説もアニメも
あまり読んでいないんですが、
意外とアニメは面白く観ています。

実際はもっともっと複雑なんですが
凄く簡単に言うと、
平凡でおとなしい普通の高校生の陽子が、
ケイキという青年によって、十二国の世界に連れ去られ、
裏切られたり、利用されそうになったりと、
数々の辛い目にあいながらも、
親切な人々の出会い、成長しながら、
十二国の国の一つ慶国の王になる物語。
これが一番最初の章
『月の影 影の海』の内容です。
小説の方は未だ完結せず、続刊されているとか。

キャラクターも多いですが、
最も気に入ってるのが、
途中に出てきて、陽子を助けてくれる、
楽俊という名の鼠の姿を持つ半獣。

何度も裏切られ人間不信になり、
本当に自分の身を案じてくれている楽俊のことも
信じられないでいる陽子だけど、
徐々に心を開いていくところはとても
よいシーンだと思います。

陽子に、
試験でよい点数を取りたいとか
お金持ちになりたいとか
神に祈ったりしないのかと問われ、

「良い点数を取りたいなら、
頑張って勉強すればよいし、
お金持ちになりたければ、
一生懸命働けばよいだけだ。
そんなことを神に祈ってどうする」


と答える楽俊。
とても達観しているというか、
悟りをひらいているというか、
人間こうありたいものです。

というわけで、しばらくは
『十二国記』を観ているはず。

[ 2008/09/07 21:12 ] [感想]アニメ | TB(0) | CM(0)

「、」と「。」のおはなし 

昨日、調べてみますと言った
サンデーの「、」と「。」の問題ですが、
以下のようなことだそうです。

もともと小学館は、
学年別学習雑誌など児童教育関係の出版をしている会社。
学習雑誌に伝統的に多数のマンガを
掲載していたので、そちらとの整合性をとるため、
マンガ雑誌での表記も学校教育で定めるものに
準拠しなければいけないということで、
セリフに句読点がつけられているのだそうです。
詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。

ただし、同じ小学館でも、少女コミック系には
句読点がないのだそうです。
家には少女コミック系は無いので、
確かめてはいないのですが…。

そう考えると、学研のコミックである
まんがサイエンスに句読点があるのは、
しごく納得のいく話ですね。

[ 2008/09/02 21:28 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

9月になりました 

最近涼しくなっていましたが、
今日はまた暑い・・・。
皆様、体調管理には気をつけて下さい。

先週アクションを読み忘れていたのですが、
Web漫画アクションで、
『うちの妻ってどうでしょう?』が
読めて良かったです。
(どちらにしてもコミックを買うのですが・・・)

やっぱりこの制度は素晴らしい。
他の出版社もどんどん導入して欲しいです。

あと、今週のジャンプのこと。
今までこれだけたくさんの漫画を読んできて、
初めて知ったことがありました。

それを教えられたのは、
なんと大石浩二先生の新連載『いぬまるだしっ』

その一部を抜粋しますと、

「たまこせんせー
ジャンプのセリフには
「、」とか「。」ついて
ないよ!!

サンデーにはついてるのに」


そうなんです!
言われて初めて気がつきました。
これは、もちろんコミックスになってもそうで、
小学館のものには、すべて(IKKIとか、ビックコミックなども)
「、」と「。」がついていました。

それで、気になっていろいろ調べてみた結果、
講談社、白泉社、角川書店、エンターブレイン、
メディアファクトリー、秋田書店、スクウェアエニックス、
嶋中書店、アスキー、双葉社、幻冬舎、早川書房、
一迅社、日本文芸社、少年画報社、徳間書店、
青磁ビブロス、ワニマガジン、リイド社、ジャイブ
芳文社、竹書房、ぶんか社
などなど、どれも「、」と「。」はついていません。

家にある漫画で、ついていたのが
士郎正宗の『アップルシード』でした。
青心社という出版社ですが、
なぜか『アップルシード』と
初期短編集の『ブラックマジック』
だけについています。
他の『ドミニオン』や『仙術超攻殻オリオン』
にはついていませんでした。

そして、『まんがサイエンス』
ノーラコミックスですが、出版社は学研です。
これのレアなところは、
「、」と「。」がついているものの、
「、」の部分が「,」になっていること。
まさに例外中の例外です。

いやー、これは面白い発見でした。
また今度、理由を調べてみたいと思います。

[ 2008/09/01 21:44 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。