スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『このマンガが凄いから読め!(仮称)γ版・2009』に向けて 

結局リミットの前日までかかってしまった…。
会社の人々に出す年賀状やら家族が来たりで
いろいろバタバタしてたしなぁ。

選考にあたって当初勘違いして何でもアリと思っていたら
2008年に初版が出たマンガとコメントを書かれてようやく気づく。
(前にも書きましたが)

とりあえず自分自身の縛りとしてこの条件に加え

・これまでに他サイトも含め自身が紹介したマンガ
・本家「このマンガがすごい!」にランク入りしたマンガ

を外して考えました

ちなみに 「このマンガがすごい!2009」では

順位/タイトル/作者/出版社/獲得票数
▼オトコ編
1 聖☆おにいさん 中村光 講談社 206
2 宇宙兄弟 小山宙哉 講談社 94
3 GIANT KILLING 綱本将也(作)/ツジトモ(画) 講談社 84
4 3月のライオン 羽海野チカ 白泉社 83
5 深夜食堂 安倍夜郎 小学館 81
6 きのう何食べた? よしながふみ 講談社 73
7 アオイホノオ 島本和彦 小学館 60
8 よつばと! あずまきよひこ アスキー・メディアワークス 59
9 俺はまだ本気出してないだけ 青野春秋 小学館 53
10 ファンタジウム 杉本亜未 講談社 47
▼オンナ編
1 坂道のアポロン 小玉ユキ 小学館 148
2 駅から5分 くらもちふさこ 集英社 131
3 ちはやふる 末次由紀 講談社 128
4 君に届け 椎名軽穂 集英社 78
5 町でうわさの天狗の子 岩本ナオ 小学館 76
6 雨無村役場産業課兼観光係 岩本ナオ 小学館 71
7 ラウンダバウト 渡辺ペコ 集英社 70
8 夏目友人帳 緑川ゆき 白泉社 67
9 結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日 益田ミリ 幻冬舎 60
10 少女漫画 松田奈緒子 集英社 57


とのこと。
(参照ページ http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1197823.html


縛り等のため08年の自分のベストとはだいぶ違いますが、
おすすめ作品としてあげる程度のスタンスと思ってください。
(…誰に言ってんだろ)

『このマンガが凄いから読め!(仮称)γ版・2009』…略して『こすヨメγ'09』とりあえず順不同で

「FLIP-FLAP」(とよ田みのる 講談社)



「青春少年マガジン1978~1983」(小林まこと 講談社)



「おのぼり物語」(カラスヤサトシ 竹書房)



「とろける鉄工所」(野村宗弘 講談社)



「玄米せんせいの弁当箱」(著者:魚戸おさむ 脚本:北原雅紀 小学館)


の5作品。
地味な上にそこまでマイナーというわけでもなく中途半端感が…


手抜きで申し訳ありませんが作品に対するコメントは省略させてもらいます
もっと早くにとりかかっていれば…
(もし来年もお呼びがかかればもっとちゃんとしますので)

主催者(副主催者?)さんはこっからとりまとめするんですね。
特にこれといった見返りもないでしょうに…

普通に尊敬します。この熱意はすばらしい。
また集計結果楽しみにしています。
参加させて頂き、ありがとうございました。



スポンサーサイト
[ 2008/12/30 22:44 ] [その他]未分類 | TB(0) | CM(3)

何故かだいぶ空白が… 

だいぶ更新が止まっていた。

『このマンガが凄いから読め(仮称)』
のランキングも考えなければいかんし、なかなか忙しい。

コメントをくれて気がついたが
"年内初版の新刊"という縛り があるらしい

古い作品は無理なのか…


今週のファミ通
「たかまれ!タカマル」(近藤るるる)が最終回。
まあ、無難で良かったかと。
もうこれ以上続けてもやることが無い感じだったし
この辺で終わらせるのが妥当かなと思いました。

長い間お疲れ様でした
(またすぐ復活するでしょうけど)

あと、福満しげゆきが4コマを描いているのに
今週気がついた(今週号は第2話)。

…屈辱。気がつかなかった。

でも4コマって

位置的に桜玉吉先生と非常にかぶる気が…
(しかも次のページに掲載)

ここ最近はブログにさく時間をカルドセプトDSに
つぎ込んでいるのが滞っている理由。

結局嫁用にもう1つソフトを購入し
対戦し続けている。

無線LAN環境が無いのもあるが、ビビって
(2ちゃんとか見てると入りづらい)
wi-fi対戦には乗り出せない。

まあこれはかなりハマっているといっていい状態
だと思います。ここ最近のゲームでは久しぶり。




[ 2008/12/26 22:24 ] [漫画雑誌]08年10~12月 | TB(0) | CM(0)

またまた当選しました☆ 

モーニング25周年記念企画
「大人には本物を」キャンペーン

というのに応募してもらったもの。
結構しっかりした作りです。

どうやら、発送が遅れていたらしく、
お詫びに図書カードも入っていました。
送ってみるもんですねぇ。
やっぱり、ブックカバーだったから
当たりやすかったのかなぁ?

最近、ちょくちょく当たるので、
はがき職人になりつつあります。
s-モーニングカバー
新応援イラスト
[ 2008/12/22 11:49 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

天王寺徘徊 

今週は合併号のため、出てない雑誌が多く
雑誌紹介も書きづらいので、普通の日記を。
『雑誌読みたい欲求』が膨れていく。

本日は会社での研修のため大阪へ。
行き帰りの途中に天王寺を通るので、
帰りに書店へ行く。

「カオスだもんね!」19巻が無くて困っている。
天王寺ではコミック数は一番多い(と思う)喜久屋書店
そこでも2冊しか置いていない。
2冊とも汚かったのでスルー
梅田に行くしかないか…。

小林まこと「青春少年マガジン1978〜1983」が意外に
高かったのと、マガジン25周年企画の作品がない
ということで見送ろうかと思案中。
ブックオフで奇麗なのを見つけたら買おうかな。

天王寺のブックオフで前に読んで面白かった
過去の記事はこちら
『新卒はツラいよ!』(きたみりゅうじ)を
105円だったので購入(セコい)。

そこで普通にレジに持って行ったら
「お客様!」
と言われ、「何ですか!」と驚いていたら

「この本は105円の商品ですけどよろしいですか?」と

ちょっと一瞬考えたが「ええっ!?」となってしまった。
100円コーナーに置いてあっても半額の値札があって
(わりとよくある)
「1000円ですけどよろしいですか?」とかなら分かるが

一番安い100円に何の不服があろうか。

とりあえず「ええ、大丈夫です」と言ったが
質問の意味がわからなかった。

あすはスルッとKANSAIの乗り放題チケットを使い倒す
関西古本屋行脚の日
おそらく疲れの余り更新することはないでしょう。




[ 2008/12/19 23:29 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

黒衣の花嫁 

コーネル・ウールリッチ
(ウィリアム・アイリッシュの別名です)
の小説です。
最近アイリッシュばかり読んでいるなぁ。
これは、以前にも書きましたが、
江戸川乱歩が傑作の3位に
選んでいるもの。
映画やドラマにもなっていいる
名作です。

やっぱり江戸川乱歩が選ぶほどの作品。
一気に読ませる感じがありました。
今日だけで読んでしまったくらい。
五部構成になっていて、読みやすかったです。
その点、暗闇のワルツは
結構ジリジリと時間がかかりました。

あらすじは、
ぞっくっとするほど美しい謎の女が、
次々と男を殺していく話。
なんですが、こう一言で書くと
あんまり面白くなさそうだなぁ・・・・・・。
でも、面白いんですよ!
その女は、殺人の度事に、
全く印象の違う女性に変身して、
殺人を犯していくのです。
動機も被害者の共通点も
分からない中で、
刑事のウォンガーは、
頭を抱えながら、
少しずつ少しずつ
真相に近づいていきます。

犯人の女が、とても魅力的。
自分のターゲット以外は、
絶対に手にかけないし、
何より、自分の代わりに疑われている
人物を解放させるため、
わざわざ警察に電話をかけたり
するのです。
アイリッシュらしい
強く凛々しい女性です。
新応援イラスト

マンガの選考って… 

昨日の記事の続き。

またつたさんよりコメントが寄せられ(感謝!)、
主催者であるヒロさんのブログ
「古本屋の戯言」ヒロ氏のブログにとりあえずの参加表明を書く。

2008年末までに1巻でも単行本が発売された作品なら
なんでもアリという非常にわかりやすいルール。

そこから5作選んで下さいということだが、

こういう時って(どういう時だよ!)
非常にしょうもないことを気にしてしまいません?

相手がどういう選考結果を求めてきているとか
見る人の影響をイチイチ気にしたりとか。

全然気にしてないだろうとは分かっているのですが
割と真剣に考えちゃったりします

普通に『自身が最も素晴らしいと思う作品を5つ』
とか言われると、簡単なんですけどね。
ちなみに手塚作品に対する思い入れは信者に近いので
(面接においても「尊敬する人は」に手塚治虫と言っている)

・火の鳥
・ブラックジャック
・ブッダ
・鉄腕アトム が鉄板。
あとは三つ目がとおる、どろろ、七色いんこ… あたりか。

あと藤子不二雄、石ノ森章太郎とか大好きです。


『このマンガが凄いから読め!(仮称)γ版・2009』
っていうタイトルからしてマニアック路線の方がウケが
良かったりするのかなぁとか考えるのですが、

逆にマニア自慢とかになっても変な感じだし。
(『俺ってこんなのまで知ってるぞ』的な感じの)

また余談ですが、私が所有しているマンガでおそらく最も
発行部数が少ない作品は、小説家である竹本健治先生
の『入神』(南雲堂)という囲碁マンガ。
わりと面白いとは思うのですが、
よほど作者に思い入れがないとお金を出して買えとは
すすめるなんてできないキワモノです。

今のところの候補は
今の作品もわりとここからパクってるものとかあるので
大本を一度読んだ方がいいのでは?とう意味合いで
・藤子・F・不二雄のSF短編集
・デビルマン
あたりとあとは最近の作品からいくつか

とかを考えています。割とこういう考える作業も好きです
…ついつい長文になってしまった。結果はまた後日。



[ 2008/12/16 23:50 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(1)

いろいろ雑記 

しばらくブログを放置していたら
意外な動きがあったので少し驚く。

まあ、この時期忘年会やら何やかんやで
単純にしんどかったとです。

本題
動きというのは「なめくじ長屋奇考録」なるサイトの管理人
つたさんよりのメール。

『このマンガが凄いから読め!(仮称)γ版・2009』
の選者の一人になりませんか?というもの

まあ特に断る理由もないので参加するつもりですが、
(こういう関係は積極的に参加したくなる)
宣伝などとは無縁なこのサイト。

どういう経路で何を基準にして選ばれたのか
さっぱりわからない(去年は何もなかったし)。

20作品を紹介しているサイトが対象みたいに
書いていたが、ものすごい数のブログを
チェックしていたのだろうか。

2年くらいやるといろんな方面から声がかかりだしたり
するのだろうか。
…ウチのブログ全然人来てないと思うんだが。

5つ作品を選んで送るだけなので
まあ近々上げていこうと思います

雑誌感想は特に語るようなことはナシでした。



[ 2008/12/15 23:16 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(2)

最近読んだ本など 

大田垣 晴子さんの『モノ語り一題二話』は、
面白かったです。
プロフィールに画文家と書いているけど、
この本は画文集で、マンガでもないし
本でもないです。
イラストも可愛いし、カラーで綺麗だし
あとすぐ読めます。もう本当にあっという間。
お風呂に湯を入れているくらいの時間
で読めます。それに1300円だから、
ちょっと高いかもしれないですけど、
これも画集みたいなもんですから。
基本的には文庫で集めるようにしています。
本当は大きい方が見応えがあるのだけど、
単行本は嵩張るし、高価なので・・・。

私が太田垣晴子に注目しだしたのは、
ここ2年くらい?すごく新参者です。
きっかけは忘れてしまいましたが、
昔からイラストはよく見かけてて、
実際に買ってみたら、わりと感覚が似てるなー
と思うときがあって、それ以来
細々と集めています。
オススメは『セイちゃん』ですかねぇ。
今まで2巻まで出ていて、これはマンガです。
自伝的な感じのモノ。これも読みやすいです。

新応援イラスト
[ 2008/12/13 11:03 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

週刊少年ジャンプ No.02 感想 

いくつか貯めて書こうと思ったが
特にほかの雑誌に書くネタがなかった。
…こんなことならさっさと月曜に書けばよかった。

「週刊少年ジャンプ No.02」(集英社)

「黒子のバスケ」(藤巻忠俊)

…意外に面白いじゃないか。

自分のジャンプの読み方として
・最初に1軍(7つくらいか)
・次の日くらいに1軍の読み返しと2軍(7つくらい)
・捨てる前に全てを読み直す

というパターンなのだが
(大学くらいまではアホみたいに読み返していたのだが)

当初これはないだろうと読み飛ばしていたら
ここ最近の新人新連載で一番面白いかも。

陰に徹する主人公という、ジャンプでは珍しいパターン

これからの「目立たない」を売りにするキャラの
際立たせ方ですね、重要なのは。

せっかくなのでライバルとなるであろう
「キセキの世代」5人がキチンとした話で
全員登場してくれることを期待します。

調べたら赤マルでの読みきりだったんですね
(この雑誌も読まなくなったからなぁ)
あとwikipedia情報ですがP2!の江尻立真先生の
アシスタントだとか。


「NARUTO -ナルト-」(岸本斉史)

ペイン編、なかなか引っ張るなぁ。正体やいかに。

ペインとは
倒した死者を操ることのできる弥彦の「意志」
だけの存在であり
自来也やカカシ先生(死んでないかもしれんが)
を使い本気の自来也vsナルト カカシvsナルトが実現

なんていう設定、どうでしょうか。



「アイシールド21」(作:稲垣理一郎 画:村田雄介)

ちょっとこれからの単行本購入を見送ろうかとも検討中。
世界各国交えてのトーナメントなのね。

今までは話の作り上、負ける可能性がかなりあったため
(帝黒とか100%負けると思っていたんですが)
どう転ぶかの分らなさが面白さの1つでもあったのですけど

決勝戦までは負けるとかありえないでしょ
この展開。

戦う相手もおそらく
ロシア→ミリタリア→ドイツ→アメリカ であろう

これで更なる盛り上がりを見せれたら
ホントすごいです。



[ 2008/12/10 23:18 ] [漫画雑誌]08年10~12月 | TB(0) | CM(0)

ROADSHOWと私 

皆さんは、「ロードショー」という雑誌をご存じでしょうか。
1972年に創刊された集英社発行の映画雑誌です。
私が初めてこの雑誌の存在を知ったのは
高校生くらいの頃でしょうか。
そのころは、次に上映される映画をいつも
チェックしていたものでした。
あとは絵を描く参考にしたり。
そして楽しみだったのは、
スターのイラストの投稿コーナー。
そこに掲載されているイラストが、文句なくどれも
めちゃくちゃ上手いんですよ。
年代も幅広く10代から70代までいろんな人が
スターの似顔絵を投稿していました。
それを見るにつけて、こんなに絵の上手な人たちが
プロではなく、普通に趣味として描いているなら、
私なんてとてもプロにはなれないだろうと
よく思ったものでした。

映画雑誌と言えば、他にSCREENという、
近代映画社が発行する映画雑誌もあります。
こちらは1947年と創刊が古く、より歴史があるのですが、
私はロードショーの方が好きだったですね。
何かお洒落な感じがしたんですよ。
スクリーンはどちらかというとレトロな風合いがありました。
俳優のカタカナ名も、一般で言われれているのと
少しちがうのも特徴的。
例えば、最新号の新作インタビューでは
ジェラード・バトラー → ジェラルド・バトラー
キーラ・ナイトリー → キーラ・ナイトレイ
スカーレット・ヨハンスン → スカーレット・ヨハンソン
と言った具合。

そんなこともあって、ロードショー派だった私。
しかし、残念ながら、
2009年1月号を持って休刊になったそうです。
本屋さんで見て、本当にびっくりしました。
この雑誌はちょっと高いんですよ。1000円近くします。
もちろん、ハリウッドスターのカラー写真が満載で
それだけの価値はじゅうぶんあるのだけど、
最近はなかなか購入に踏み切れないことが多かったですねぇ。
最終号くらいは買いたいなと思いましたが、
なかなか綺麗な状態のものがなかったり、
売り切れていたりして、買えていません。
もっと大きな本屋さんに行けば、平積みしているのかしら。
うまく買えるといいのですが。
長々と書きましたが、いろいろと思い出深かったもので、
書きました。こうして時代も流れていくんだなぁ。
新応援イラスト
[ 2008/12/09 14:44 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

月刊コミックガム1月号 ヤングガンガンNo.24・01合併号 感想 

「月刊コミックガム 1月号」(ワニブックス)

「辣韮の皮 萌えろ! 杜の宮高校漫画研究部」
(阿部川キネコ)


祝!連載100回記念。

もう8年以上連載しているということか。
しかしこのマンガ、中でも語られていたが

世間的な注目を浴びないなぁ。
ドージンワークとかげんしけんが次々アニメ化
などする中、非常にひっそりと…。

当初から好きなんですけどねこのマンガ。
(単行本も古本ですが購入してます)

まあこのひっそりと注目されない感じが
長期連載のヒケツか…
(そんな奴ァいねぇ!! も同じような感じだし)



「ヤングガンガン No.24・01合併号」(スクウェア・エニックス)

創刊4周年記念号
ジャンプスクエア1周年は「もう1年なの?」
という感じだったが、こっちはまあそのくらいかな
と普通に納得。

「咲-Saki-」がアニメ化決定。
予告で今号に何かしらの発表があるということで
「実写ドラマ化か?」と
思っていたが、普通にアニメ化。

…特にコメントとかはないです


「僕のアイドロイド」(瀬口たかひろ)

新連載。感想でも何でもないんですが、
「本誌に帰還」みたいなことが書いてあって

この人、ヤングガンガンで描いてたっけ?
と思い調べてみると

「あみーご×あみーが」というサッカー漫画を
描いていたらしい。

1年以上掲載していたらしいが

全然記憶になかった

あまりに覚えていない衝撃のため書いてしまいました





[ 2008/12/06 23:17 ] [漫画雑誌]08年10~12月 | TB(0) | CM(0)

暗闇へのワルツ 

以前見たポワゾン(レビューはこちら)
という映画の原作小説です。
ウィリアム・アイリッシュの
長編小説九作目に当たります。

映画はどこか今ひとつと書きましたが、
小説は全然違いました。
もちろん、大筋というか最初の方は
同じでしたけども、小説のラストは素晴らしい。
その最後を書くために、
今までのことがあったのだという感じ。

これまでアイリッシュは二冊読んで、
これが三冊目ですが、どうしても
似通った感じになってしまうのはあるかもしれません。
ルイスがいなくなってしまったジュリアを
探す辺りは特に似てました。
だけど、何て言うか
アイリッシュにしか書けない
叙情的な文章が良いです。

個人的には、ルイスが
昔の親友にお金を用立ててもらい、
今生の別れをするシーンなどは良かったです。

この作品は一応カテゴリ的には
サスペンスのようですが、
ラブストーリーでしょうね、やっぱり。
映画を観た方もぜひ、読んでみてください。
映画よりも面白いはず。
新応援イラスト

落書きなど 

あんまり絵を描かないとなまるので、
久しぶりに描いてみました。

最近ワンピース面白いです。
毎週楽しみ。
ハンコック
新応援イラスト

[ 2008/12/05 12:50 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

ついに届きました!! 

以前記事にした(記事はこちら
『拝み屋横丁顛末記』のトートバッグ
ですが、やっと届きました。

シンプルなデザインで
使いやすそう。嬉しいです。
ただ、これが届くまで1年以上あったのが
少々難点でしょうか。
今後はもう少し素早い対応をしてくれると嬉しいです。
トートj
[ 2008/12/04 17:44 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

漫画アクションNo.24 ビジネスジャンプ1号 感想 

「漫画アクション No.24」(双葉社)

「脳内格闘アキバシュート」(本田真吾)

…いきなり1年後って。読み飛ばしたのかと思った。
修行内容もスキップということはもう終わりなんだろうなぁ
(というか今週で終りかと思った)

そんなに悪くない内容だと思ってたんですけどね。
世間的にも(一部では)話題になっていたような。

次くらいで最終回か。

この人の月刊チャンピオンの卓球漫画も
そろそろ終わりそうな匂いがしているのだが。



「うちの妻ってどうでしょう?」(福満しげゆき)

ちょっとアレですね。
本格的にネタが尽きてきている感が…。

「ビジネスジャンプ 新年1号」(集英社)

「ONE OUTS」(甲斐谷忍)

いきなり連続三振記録が…

というか「霊能力者 小田霧響子の嘘」載ってないんですね。
次号予告にもないのですが。

…解決編が非常に気になるのですが。


今回アクションの記事を書くにあたり
久しぶりにホームページを見たが

「真・異種格闘大戦」(相原コージ)
「おれたちのラブ・ウォーズ~その後の昭和の中坊たち~」
(原作:末田雄一郎 /作画:吉本浩二)

を3週ほど読み忘れているのに気づく(危なかった)

ネットでしか読めないのだが
ネットで漫画を読む習慣がついていないため
よく忘れる。
要注意だな(と自分に言い聞かす)

同じく前号が前ページ、webで読めるようになった
「モーニング ツー」

いつでも読めると思って安心しているため
まだ読んでいない。

非常にありがたいサービスなのだが、慣れるまで
逆に読み忘れる可能性が増えてしまっている
気がする。





[ 2008/12/03 23:47 ] [漫画雑誌]08年10~12月 | TB(0) | CM(0)

12月購入予定コミック 

12月になりましたので、
購入予定コミックの覚え書きを。
恐らくこんな感じになるでしょう。
そんな奴ァいねえ!! が出ると
12月だなぁと思いますね。

『 ONE PIECE 52』
尾田 栄一郎     集英社 12/04

『青春少年マガジン1978~1983』
小林 まこと     講談社 12/17

『もやしもん 7』
石川 雅之     講談社 12/22

『そんな奴ァいねえ!! 14』
駒井 悠       講談社 12/22

『拝み屋横丁顛末記 11』
宮本 福助      一迅社  12/25

『実在ニョーボ よしえサン日記 3』
須賀原 洋行    竹書房 12/17

[ 2008/12/01 12:04 ] [日記]購入予定コミック | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。