スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年チャンピオン No.9 イブニング No.4 感想 

「週刊少年チャンピオン No.9」(秋田書店)

「範馬刃牙」(板垣恵介)

目に見えぬ速さで攻撃をかわし
これまた目に見えない速さで壁に反発して元の位置に

攻撃した相手は完全な間合いで攻撃を繰り出しているのに
静止している(と思いこんでる)相手に空を切る


…さすがですね。

恐竜相手の格闘スタイルって
恐竜相手にこんなフェイント意味あんの?


昔から思うのだが、
忍者の変わり身しかりドラゴンボールの残像拳しかり

相手に見えないようなスピードでフェイントかけれるくらいなら
そのスピードでさっさと敵に攻撃したらいいのでは?というやつ

特に今回の場合ずっと恐竜と闘ってきたピクルが
どういう経緯でこんなスタイルを生み出せたのか全く謎である。
(次週解明されるかもしれんが)

いや、面白いですねこのマンガ。



「イブニング No.4」(講談社)

「ツナくん」(ポテチ次郎)

元素記号のごろ合わせでの憶え方。

わりと面白かったなぁ、もっと評価されてもいいと思うが

10話とか書いてましたが、始まって1年以上はとっくに経ってますよね
最初は吉田戦車のパクリかと思ってましたが、
スタイルとしてはうすた京介に近い気がする。



スポンサーサイト
[ 2009/01/29 21:36 ] [漫画雑誌]09年01~03月 | TB(0) | CM(0)

2月購入予定コミック 

『ピューと吹く!ジャガー 16』
うすた 京介     集英社 02/04

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話 1』
車田 正美     秋田書店 02/06

『ZOOKEEPER 7』
青木 幸子     講談社 02/23

『ヒストリエ 5』
岩明 均     講談社 02/23

『ヴィンランド・サガ 7』
幸村 誠     講談社 02/23

『ディエンビエンフー 5』
西島 大介       小学館 02/25

『螺天―BIRTH― 5』
山口 譲司      幻冬舎 02/24

『螺天―BIRTH― 6(完)』
山口 譲司      幻冬舎 02/24

『ケロロ軍曹 18』
吉崎 観音      角川書店 02/26

『ツマヌダ格闘街 5』
上山 道郎    少年画報社 02/09



…多い。1月末からのラッシュはやばいな。

基本的にこの購入予定コミックの記事は嫁にまかせているのですが
珍しく描いてみました。

基本的には太洋社のホームページ
コミック発売予定一覧(インデックス)というサイトを見ているのだが

わりと抜けがあったりする。自分のチェックミスもあるのだが
「カオスだもんね!」とかはコミックに区分されていないらしく
絶対に掲載されないとかもある。

何が言いたいのかといいますと毎月書いてある漫画以外にも
もれて買っている作品もあったりなかったり。
(いちいち報告することでもないですが)


…というか「螺天―BIRTH―」完結ですか。
さすがに有料のWEB雑誌とかはチェックしていないので驚いた。
ちゃんと終わってるんだろうか。



[ 2009/01/27 21:08 ] [日記]購入予定コミック | TB(0) | CM(0)

週刊少年ジャンプ No.09 good!アフタヌーン No.2 感想 

「週刊少年ジャンプ No.09」(集英社)

「アイシールド21」(作:稲垣理一郎 画:村田雄介)

何という急展開。今週だけで準決勝が終わりまでとは…
といっても面白いとかは特にないのだが。

分かり切ってたキャラの活かしきれなさ。

「BLEACH」みたいにダラダラとキャラクターだけ増やして
やっていたらお金は入ってきただろうに。

どうしたいのかよく分らなくなってきたな。

とりあえず次のアメリカ戦で最終回なら、最終巻まで購入。
そうでなかったら、次の34巻が最後の購入に決めた。

33巻、面白かったです。
これを(試合前からもっと長くして)最後の試合にして
すべてを出し切って終わってくれると嬉しかったんだが…



「ピューと吹く!ジャガー」(うすた京介)

まさかの突っ吉こむ平再登場(初登場時は突吉こむ平)!

単行本で「担当に不評」と書かれていたが
前に登場した回「はじめての宿敵達(ともだち)」(7巻)
わりと好きだったんですよね。
(ちなみにうちの嫁にも不評)

1ページ目で「出た!」と思い、変に笑いのハードルを上げすぎて
普段より楽しめなかった気が(不覚)。

「ピューと吹く!ジャガー」の感想を初めて書いていた事実に驚愕。
うすた先生の単行本、全部持っているのになぁ。




「good!アフタヌーン No.2」(講談社)

「鉄風」(太田モアレ)

さすがに展開速すぎなのでは…
「シャカリキ!」で2話目にハリス・リボルバーが出るような感じだな。

「もしかしたら リンジィといい勝負できるかも……」
のリンジィ登場。

いや、でも読ませるものはある。購入思案中


「まるまる動物記」(岡崎二郎)

新連載。初号見直したけど、予告なかったですよね。
この人を連れてくるとは、意外な人選。
アフタヌーンで描いてましたが、基本的に小学館ですね。

やっぱりこの人の作品は好きです。確実に購入します。


2号時点で気合い入れて読んでるのは上の二つとカラスヤサトシだけに。

「地雷震diablo」意外に受け入れられなかった。
昔好きだったんだけどなぁ(単行本は買ってないですが)。



[ 2009/01/26 22:31 ] [漫画雑誌]09年01~03月 | TB(0) | CM(0)

週刊ヤングジャンプ No.8 その他 感想 

「週刊ヤングジャンプ No.8」(集英社)

「ハチワンダイバー」(柴田ヨクサル)

ここ最近すげぇ面白い。

まさか一週で終わらせてくるとは…熱い展開。


完全にキャラものだが、3月に出る「ハチワンダイバーDS」
ちょっと買おうかなと思い始めてきた。
ソフト1本で2台の対戦できるなら普通に外で遊ぶ将棋ソフトとして
活用できるし(ちなみに将棋は全然素人です)。

ヤンジャンではこれと最近は「ノノノノ」がちょっと面白い。




「週刊少年マガジン 第8号」(講談社)

「東村山あたりの夕日」(福満しげゆき)

どうなんでしょうか。普通につまらない感じがしたのですがね。
(強いて言うなら缶の分別のくだりあたりか…)
漫画をよく読む人より、この作品で福満しげゆき先生を初めて知った
という人の意見を一度聞いてみたいものである。

でも2月からのモーニングの再開は楽しみにしています。



あと知らない間に「コミックチャージ」休刊してたんですね。
(最後の号は読んでいない気が…)

ちゃんと読んでいた作品は
「デス・スウィーパー」
「Bite! グリーンを狙え」
「マンガ家田中K一がゆく!」 ぐらいだったなぁ
(後いくつか読んでいたが、すでに連載終了している)


この分だと「good!アフタヌーン」も大丈夫かなぁと感じる。
第2号から新連載が6作品というやり方は
個人的には気に食わない。

「やるなら最初から全力でやれよ!」と言いたくなる。

毎回小出しに特典を付けて購入させようという考えでは
長期的には続かないと思うのだが…






[ 2009/01/22 22:23 ] [漫画雑誌]09年01~03月 | TB(0) | CM(0)

週刊少年サンデー Vol.8 感想 

「週刊少年サンデー Vol.8」(小学館)

「『★★★のスペシャリテ」(谷古宇剛)

何というか、驚いた。

超簡略説明ですが、主人公が働くフランス料理屋に
しょっちゅう店に来ておまかせを注文するも
いつもほとんどの料理に手をつけず、帰っていく客に
何としても食べさせてやるぞ!という今回の話。

一部食べたメニューや服装、言葉使い等から
主人公が見つけ出した正解は


実はイタリア料理が食べたかった

というもの。ただでさえ「ええーっ!?」という感じなのに


「ピューと吹く!ジャガー」
客の顔を見てお勧めを出すパスタ屋の亭主が
客としてきたジャガーさんの希望が全く分からず
たどり着いた結論がうどんだった(実際それで合っていた)。
という話があったのだがそれとダブって一人でウケていた。

まあ、ある種面白かったです。一生忘れることはないでしょう




[ 2009/01/21 21:40 ] [漫画雑誌]09年01~03月 | TB(0) | CM(0)

ヤングガンガンNo.3 ヤングキング03号 その他感想 

「ヤングガンガン No.3」(スクウェアエニックス)

「TOKYO BARDO」(作:俵喜都 画:麻生我等)

新連載。
うーん、どうしても「退魔針」みたいに見えてしまう。
設定も原作付きにしては深そうに見せて浅い気が…

キャラがわさわさ出てきたので、後々になって纏まってくるのかも。
しばらく様子見です


「すもももももも~地上最強のヨメ~」(大高忍)

次回最終回。
打ち切りなのかもしれませんが、いいタイミングで終われたと思います。
あえて終わったのだとしたら英断。

敵の能力を消滅させるというまあ強制『絶』みたいな「百鬼封檻」
その代償は寿命が半分になるんだから
作中ではこれ以上の多用は無理でしょうしね。

アニメ化したら面白くなくなる、というかいったんピークを迎え
無理やり話を長くする展開にしたタイミングでアニメ化した感じだった。

初期と後半は良かったです。




「ヤングキング 03号」(少年画報社)

「並木橋通りアオバ自転車店」(宮尾岳)

10話に1回くらい凄い面白い話があるんですよこのマンガ。

連載200回記念

三菱重工業製、何と60年前のジュラルミン製自転車の物語。
普通に感動した。面白かったです。




あとは最近スピリッツの「MOON」と「かもめ☆チャンス」が
面白くなってきた。

「MOON」に関しては、始まってから先週初めて「面白い」と感じた。
「昴」のまま終わらせといたらよかったのでは?と思っていたが、

もしかすると盛り返してくるのかもという期待が最近感じられる。








[ 2009/01/19 22:46 ] [漫画雑誌]09年01~03月 | TB(0) | CM(0)

バレンタインデー 

みたいです。
最近スーパーに行くと、チョコレートの
特設棚が出来てたりしてます。

狙い目はバレンタインデーが
終わった次の日あたりで、
バレンタインデー用のチョコレートが
たくさん安くなるので嬉しいです。
買い溜めしてちょっとずつ
食べるわけですよ。

最近は逆チョコなんてものまで、
出来たそう。男の人から女の人へ
贈るらしいです。
下の写真は、森永製菓のチョコ。
デザインが反転しています。
でもなぁ、どうなんでしょう。
女の人は嬉しいかも知れないけど・・・。
夫は絶対くれないと思うなぁ。
ちなみに夫はチョコレート
そんなに好きじゃないので、
何か別のものをあげます。

ただバレンタインデー自体が、
男性にも女性にも縛られなくなれば、
会社の人とかに、義理で渡さなきゃ
っていう風潮がなくなっていいかもしれないですね。

s-逆チョコ
新応援イラスト
[ 2009/01/16 11:05 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

ジャンプSQ 週刊少年チャンピオン その他 感想 

「ジャンプSQ 2月号」(集英社)

「血界戦線」(内藤泰宏)

去年の5月に読みきりであった作品。
連載と思ったら、3ヶ月限定らしい。

初期のジャンプSQは読みきりが一番面白かった
(というか連載作品で良いものが…)

鬼頭莫宏先生の「彼の殺人計画」とか荒木飛呂彦先生とか


前の読み切りの時よりは読みやすかった気がする
面白いのではないでしょうか。

だがトライガンがわりと大好きな私としては
脳内で面白さのプラス補正がかかっているだろうから。

この作品で内藤先生を初めて読んだ人とかは
読みにくい、下手したら「新人」とか思われたりしてるかも。

あとトライガンといえば劇場版アニメ『TRIGUN THE MOVIE』
2009年公開予定だそうですが、これも楽しみにしてます。



「週刊少年チャンピオン No.7」(秋田書店)

来週から聖闘士星矢(車田先生の方ね)が連載再開。
2月にコミック1巻が発売とのこと。
ご祝儀がわりというか、なんだかんだ言って結局買います。たぶん

「バキ外伝 疵面-スカーフェイス-」
(作:板垣恵介 画:山内雪奈生)


範馬勇次朗のクローンって…
勝手にえらいSFじみた内容にしていくなぁ



「木曜日のフルット」(石黒正数)

いまいち笑いのツボが分らん。アワーズのやつは割と好きなんだが…

おおひなたごう先生みたいにしたいのだろうか




「週刊漫画ゴラク No.2132」(日本文芸社)

「ミナミの帝王」(作:天王寺大 画:郷力也)

何かよく分らん展開になってきた派遣編。
正社員への要求の指導者(でもないんだが)へのイジメ。

9月末から始まったこの派遣編。
その後たまたま(と思うが)ニュースを賑わす一大ニュースとなり、
マンガとしては珍しい非常にタイムリーな内容になってしまった。

絶妙なタイミングで話題になってるだろうから
終わるに終われないんだろうか。さすがに引っ張りすぎな気が…

自分の記事見たらたいがい長いと思っていても
案外20話くらいなんですね。



[ 2009/01/15 22:18 ] [漫画雑誌]09年01~03月 | TB(0) | CM(0)

科学文明万歳!! 

まだ、体の調子が悪いのを引きずっております。

6月から今のマンションに引っ越してきて
断熱効果の高さに非常に驚いたり、

真下の階の人が暖房をガンガンに点けているのか
夕方ごろから床が暖かくなってきたりで

「全然暖房設備いらないんじゃね?」
とか思いほとんどいままでつけてなかったのだが、

年末に家族が遊びに来た際の一言
「この家寒くね?」

まさかー、そんな寒くないじゃん。と思い
しばらく過ごしてきたが、年末から体調を崩す

そして今日本格的にエアコンを導入。
ついでに会社の人からタダでもらった加湿器も起動。

その結果


非常に楽である!


なんか今まで体にえらく負担をかけていたようである。
まあ…何というか、夫婦そろってアホだったというか。

人に言われるまで気づかないところがね。
たまには人を呼んで客観的な意見を聞くのも必要か
と思った次第です。

あと弟が泊まった時に「えらい風呂が熱い」と言っていた。
45度設定なのだが、最近それでもややぬるく感じている。

これもやばい前兆なのだろうか…。

まあ、これから2月中旬くらいまではおとなしくエアコンの
お世話になって無理せずがんばります。

余力が出たら雑誌や単行本のレビューなども。


ちなみに今週のスーパージャンプ。
(一応)新連載の「おしとね天繕」、江戸時代から
江戸時代へのタイムスリップという設定のわけわかんなさ
にややうけ。






[ 2009/01/13 23:37 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

1月購入予定コミック 

1月も結構すぎてしまいましたが、
購入予定コミックの覚え書きです。

『 アイシールド21 33』
稲垣 村田     集英社 01/05

『おやすみプンプン 4』
浅野 いにお     小学館 01/30

『ぼくらの 10』
鬼頭 莫宏     小学館 01/30

『のらみみ 7』
原 一雄       小学館 01/30

『金魚屋古書店 8』
芳崎 せいむ      小学館 01/30

『超人ロック 凍てついた星座 3 (完)』
聖 悠紀    少年画報社 01/19

[ 2009/01/08 12:21 ] [日記]購入予定コミック | TB(0) | CM(0)

何とも微妙に体調不良 

どうもいまいち体調不良のまま。
家に帰って若干回復するも仕事場で悪化を繰り返す。

そこまで酷くはないのだが何とも微妙。


特に書くこともないので最近面白くなってきた漫画でも。

■普通レベル→面白いレベルのもの

「愛気」(ISUTOSHI)
月刊ヤングキング連載漫画。現時点ではラスボスっぽい敵との
戦闘ですが両者ともに「まだ奥の手を隠してる」感が、割と好き

軽くこちらの自分の記事で触れてます

「卓球Dash!!」(本田真吾)
月刊チャンピオンにて連載中。「アキバシュート」の人
アクションでの連載終了で余力があるのか、最近良い。

蛇足だが同誌の「もっと野球しようぜ!」(いわさわ正泰)
がイマイチ。昔は良かったんだが…

■つまらない→そこそこ面白いレベルのもの

「弱虫ペダル」(渡辺航)
週刊少年チャンピオンにて連載。
当初はロードレースものをチャンピオンでやるか?と
(シャカリキ!が凄すぎたため)
思ってましたが、最近面白くなってきた。
主人公が上り坂好きというまんまな設定ですが、
いまやっているような合宿編好きなんですよねぇ。

あと週刊少年チャンピオンといえば
「それでも町は廻っている」の石黒正数先生が連載するとか
2P/週の連載とのことだが

現代怪奇絵巻 終わるんですね。



[ 2009/01/07 22:16 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

漫画アクションNo.2 感想 

「漫画アクション No.2」(双葉社)

「麻酔医ハナ」(画:なかお白亜 監修:松本克平)

連載再開。
表紙(いつもこの表紙だが)&巻頭カラー

いやいや、面白いですよ。
ちょっとアクションの主要作品として売り出そうと
している感じ。

初期のころは上から言われて描かされてたのか
無意味なパンチラや下着姿などを披露していたが

普通に作品で勝負してる感じになっている。

この盛り上がりはいい感じ。



「漂流ネットカフェ」(押見修造)

ものすごく展開が遅くなってきた。
しかもこの内容。

週刊少年マガジンのサバイバル漫画といい勝負です。




[ 2009/01/05 22:41 ] [漫画雑誌]09年01~03月 | TB(0) | CM(0)

今年最初のボケ 

カレンダー

別冊花とゆめの1月号の付録でした。
河惣益巳という漫画家さんの
『炎の月』というマンガらしいです・・・・・
ファンの方すみません。
新応援イラスト
[ 2009/01/05 09:29 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

ごあいさつ 

あけましておめでとうございます。嫁です。

夫が書きましたように、
私も風邪で寝込んでいました。
いろいろとやりたいことがあったのに、
結局何もできず。うぅ。
福袋とか買いたかったのに、
見に行くこともできないとは。
今年はミスドの福袋の中身も知りません。

家で寝込むなら
雑誌でも買おうかと思いましたが、
もう少ししたら最新号が出るのに
今買うのは負け組な気がして
結局買えませんでした・・・。

おせちは、お雑煮と黒豆を作ったくらい。
黒豆が意外に高くてびっくり。
一袋750円もしました。
まぁこれも縁起ものですから。
見栄えはあんまりでしたが、味はまあまあ?かな。
でも、今年はこれに助けられました。
やっぱりおせちは大事かも。

なんだかよくわからない記事ですが、
もう少し体力が戻ったら、
部屋を片付けなければ。
二人とも倒れちゃうと、家の中が荒れて
大変です・・・。
新応援イラスト
[ 2009/01/03 23:40 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

ようやく新年一発目の記事 

あけましておめでとうございます。

3日にしてようやく記事をあげることができた。
夫婦共々風邪をひいて何もできなかった年末年始。
今もまだ全快せず。


簡単な年末年始まとめ

・29日
 仕事終りに家族がうちに訪問。夕食を食べた後、
 弟のみ家に宿泊。マンガ・アニメその他の談義など

・30日
 14時頃に弟を見送ったのち年末年始の買い出し
 (この辺から喉に違和感)

・31日
 朝から喉の痛みと発熱がひどくなる。
 NHK-FM『今日は一日アニソン三昧』を一日中聞き
 並行して2ちゃんねるのラジオ実況板を閲覧。
 (15時間のうち12時間くらいは聞いていた。面白し。)
 全く外出せず、夕食は食事を作る気力もなく、正月用の
 雑煮に手を出す。

・1日
 同番組、水木一郎のカウントダウンとともに2009年を迎える
 若干ましになってきつつも、次は妻に伝染った模様。
 ほぼ寝てすごす

・2日
 日本橋にでも繰り出す予定であったが両名ともとても
 無理という判断。
 3日に田舎に帰る予定だったが無理という電話を親に送る。
 材料はあるが作る元気がないので必死の思いで
 マクドナルドにいくも、あまりの行列に半ギレ。
 晩とかほとんど食べずに寝て過ごす。

・3日
 ようやく外に食べに出るくらいは体力が回復。
 年末年始に録画した番組を見たり、寝たりして
 ブログなどを見たり書いたり←今ココ

わりとヒドめな正月だった。
大学1年くらいの友達の家に遊びに行ったら声が出なくなる
奇病にかかった以来のつらさだったかも。

ま、印象には残り易いであろう。生涯忘れることはあるまい。
近況報告でした



[ 2009/01/03 23:00 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。