スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

桜田門凱&花中島マサル 

うすた京介先生の
『すごいよ!!マサルさん』4巻164ページより。

スポンサーサイト
[ 2009/07/31 11:24 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

サナギさん 

施川ユウキ先生の
『サナギさん』2巻110ページより。
サナギさんの可愛いさがうまく伝わらないなぁ。
なんでだろー?

[ 2009/07/30 13:40 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

また、期間が空いてしまった… 

あまりに放置しすぎて嫁のイラストブログみたいに
なってきてしまった。

『zoo keeper』 とか『喰いタン』 とか 『ラーメン発見伝』 『ぼくらの』

等わりと長かった作品が最終回を迎えて
書きたいこととかあったのだが
(何と「のらみみ」も来月最終回)
仕事などの忙しさからついつい。


以下、日記です

昨日は月イチの買い出しに難波へ。
新しくできたジュンク堂難波店を見るのと
『もやしもん』限定版を買うのが目的。

ジュンク堂は素晴らしかった。
蔵書量も多いが、旧難波店(千日前店に改名)より
廊下も広く、なにより人が少なくて広々としており気分が良い

今までは難波は数が多く出回るような本専用にしており
本当にマニアックな数が出回らないヤツは梅田まで
行っていたので、難波にこの規模の書店が出来たのは
非常にありがたい。

とりあえず施川ユウキ『ツモっ子どうぶつの森』を購入
(あまり出回ってはないはず)

しかし肝心の『もやしもん』が無い。
3巻・4巻は限定版を買ったものの、それ以降の限定版は
スルー。今回は絵本と言うことで購買欲をそそられたのだが、
考えることは皆同じ。

その後どこ探しても売り切れ。

…5~7巻の時とか、わりと売れ残っていたのに。
 少しなめてました。まさかここまでとは。


そしていくつか書店をうろうろしている間に
なんと窪之内英策先生のサイン会が、たまたまこの日
ジュンク堂千日前店で行われていた。

なにやら最初で最後のサイン会らしく本人が人前に出るのは
きわめて異例とのこと。

しかも限定30人!
無論整理券などその日に入手は出来なかったため
参加はできないが、姿は拝見できました。
(さすがに写真を撮るほどのマナー違反はできなかった)

ジーンズ生地の短パンにTシャツ。
痩せててわりと格好いい感じでした。

『ツルモク独身寮』高校の時ハマってました。
すごい若くしての天才!と言う感じでしたよ。

…でもそれ以降は。
一応読んではいました(無論今も読んでる)が
自分の中でのヒット作は無かったです。

現在連載中の『ピカもん』もさほど思い入れが無いし
仮に対面する機会があっても会話に困った気がする。
(基本的には好きな作家なんですが)

まあでもこの『限定30人』のシステムはなかなかかも。
数多く呼んじゃうと、どうしても

『全然興味ないけどただ並んでみた人』

が出てくるから。
この人数なら真に好きな人が来てくれたはず。
(実際横で見て感じた。特に一番最初の人)

いろいろ貴重な体験が出来ました。


ではなしは戻って『もやしもん』。結局購入で帰宅。
amazonで見てみたら、何と5,800円!




…恐ろしい。

結局一番最初に行ったジュンク堂難波店にて
一部再入荷する予定のヤツをとりおいてもらうことになった
(うーん聞いてみるモンだ)

そんな土曜日でした。日曜日はダラダラOFF。
寝る前に小説でも読むか。


[ 2009/07/26 22:28 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

倉橋しずめ 

高田裕三先生の
『明治あやかし討伐伝 九十九眠るしずめ』
1巻58ページより。
なんで、似ないんだろう・・・。

[ 2009/07/24 10:54 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

不動詩遥&神宮絵美歌 

近藤るるる先生の
『しはるじぇねしす』1巻
72ページより。
なんか全然似てませんが、
意外に時間がかかってます・・・。
こんなに難しいとは。がんばらねば。

[ 2009/07/22 12:57 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

ララァ&シャア 

大和田秀樹先生の
『機動戦士ガンダムさん』さいしょの巻
110ページより。

[ 2009/07/21 11:51 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

ユリスモール&エーリク 

萩尾望都先生の
『トーマの心臓』
文庫版310ページより。

[ 2009/07/17 11:15 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

桜 玉吉&ヒロポン 

桜玉吉先生の
『幽玄漫玉日記』5巻
92ページより。
O村さんも描いてみましたが、
あんまりうまく描けなかったので…。

[ 2009/07/16 10:32 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

ジョセフ・ジョースター 

荒木飛呂彦先生の
『ジョジョの奇妙な冒険』
10巻140ページより。
劇画っぽい絵は描いたことがなかったので
良い勉強になりました、けど
難しかった・・・。あまり似てませんがご容赦を。

[ 2009/07/15 11:15 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

課長 

唐沢なをき先生の『電脳炎』
ハイブリッド版4巻136ページより。
パソコンオンチの課長さんです。

[ 2009/07/14 11:32 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

承久國俊 

ISUTOSHI先生の『愛気』
4巻86ページより。
駄目だー、もっと精進しないと。

[ 2009/07/13 11:31 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

ちょっとした感動 

ウチのブログで最も人気のある記事というのが

「ジパング少年」(いわしげ孝)のレビュー

ちなみに記事はこちら

昨日ふとしたことからこの「ジパング少年」で
検索したところ、なんとトップに!(googleですけど)

amazonとかより上位に来るとは。

久しぶりに自分の記事を見て、出来栄え云々というより

昔のオレ、がんばってたなぁ と



あと今週の絶望先生で
かの名台詞「ひでぶ」が「ひでえ」の誤植
から生じたということを初めて知る

他の「メメクラゲ」とかは知ってたのに…

調べてみたら、わりと有名なことだったらしい。勉強になった。
他の誤植の歴史もなかなか奥深い。

「何をするだァ――――ッ」とかは
一部ではあまりにも有名だが、

ひでぶみたいにここまで一般にも認知度が高いと
まさに絶望先生にあったように
逆に分からなくなるものなのだろうか




[ 2009/07/10 21:28 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

エウメネス 

岩明均先生の
『ヒストリエ』からエウメネスです。
ちょっと眼の位置がずれたら
全然似なくなります。難しい。

[ 2009/07/09 11:51 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

お茶の水博士 

上野顕太郎先生を見習って
模写連載を始めてみようかと思い立ちました。
今回は、漫画の神様
手塚治虫先生の作品、
『鉄腕アトム』からお茶の水博士です。

[ 2009/07/09 10:34 ] [日記]落書き マンガ | TB(0) | CM(0)

森博嗣「DOG&DOLL」 感想のようなもの 

音楽を題材にしたエッセイです。
タイトルはロックンロールをもじったもの

4月に買って放置していたものを昨日読了。

昔WEB連載していた「MORILOG ACADEMY」みたいな感じ。
昔懐かしい感じがした。


中で「ほほう」と思ったのが次の文章


中略

>だんだん経験を積み重ね、自分の中にライブラリィが充実して
>しまうと、「新しい」というものが、そもそもないことに気づく。

>どれを聴いても、これは80年代の何某のサウンドだ、みたいに
>検索してしまう。検索しても意味はないのに、そうやって、自分の
>知識の充実ぶりを自己評価したい意識が働く。

>あまりよろしくない傾向だ






ぼんやりとこういうことは自分でもイメージしていたが
何というか、巧いこと文字にしてるなぁと感じた
(私の場合むろん漫画ですけど)

前に書いた気もしますが、この人の文章は
「それそれ、それが言いたかったんだよ!」みたいな
自分の中のモヤモヤを的確に文字にしてくれるところが
好きなのです。

高校3年の終りに初めてこの人の作品を読んで

「こんな自分と同じような考えを持った人がいたのか」
と衝撃を受けました
(本人から言わせると、全然違うんでしょうけど)

以来ずっとファンです

何だかわかんないですけど今日はこれで終わりです






[ 2009/07/08 22:53 ] [日記]読了小説 | TB(0) | CM(0)

出張帰りの新刊買い出し 

また珍しく都会に出張。

ここぞとばかりに仕事帰りに大型書店へ
目当ては上野顕太郎の新刊。

住んでる場所が田舎なので、大きめの書店でも絶対置かない

仮に入荷していても1冊とかなので奇麗なヤツが選べない


大阪のジュンク堂かグランドビルの紀伊国屋が理想なのだが
途中経路にはなく、行くのにお金がかかるため、某書店へ。

そこそこ大きい本屋だが3冊同時発売分がそれぞれ3冊ずつのみ

よれや折曲がりがきびしくとりあえず及第点の
「謹製イロイロマンガ」のみを購入


帰りの電車でそれを読む。


やはりこの人の模写技術は凄まじい。
近代麻雀で連載されていた「上野麻雀」
(流石に15年前の作品かつ近代麻雀のため未読)
前半はいろんな漫画家の作品のパロディ
(というか本人の作品みたいな仕上がりになっている)。

冒頭の「アシュラ」(ジョージ秋山)とか
普通に本人?何かコメントよせてるの?とか一瞬思ってしまった

同じような喜国雅彦の「mahjongまんが王」「mahjongまんが大王」
もあるが、画は上野先生の方が断然本物に近い
(ギャグ的なツボはまんが王の方が面白いんですけど)

分厚い本ですが割とすぐに読めました。

これから他に買った本(とめはね!とファンタジウム)読むつもり。

いやあ、やっぱ漫画は面白いわ。







[ 2009/07/07 23:43 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

ループ 

今日は、
洗濯物を干したら雨が降り、
取り込んだら止んで、
また干すの繰り返しでした・・・

[ 2009/07/07 17:29 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

週刊少年ジャンプNo.32 スピリッツ32号 感想 

「週刊少年ジャンプ No.32」(集英社)

「ONE PIECE」(尾田栄一郎)

今週のバギー船長

凄く サタンっぽかった

…こういうキャラになってこようとは。

いやあ、インペルダウン編 面白いです。



「NARUTO-ナルト-」(岸本斉史)

五影、続々登場。
わりとこういう展開好きなんですけど、あまりにキャラが多い気が。
暁がだいぶ滅ぼしたと思ったが、まだこんなにいるのね。

ここまで猛者が続々出てくるなら、何故初期にその話が一言も出ない?
というHUNTER×HUNTER的な疑問が。
…収集つくのかねぇ。

あとパワーバランスも分らん。
砂影の我愛羅がだいぶ前に雑魚レベルみたいな世界だった気が…。
どれくらいの強さ設定にするのだろうか。

いや、面白いですよ。ホント。



「トリコ」(島袋光年)

今まで住んでた場所(人間界)は世界のホンの一部
まだまだ未開拓の「グルメ界」が…

また凄まじくレベルのインフレが起こりそう。
来年の今頃は普通の雑魚がLv100オーバーになっていることだろう




「ビッグコミックスピリッツ 32号」(小学館)

「バンビ~ノ!SECOND」(せきやてつじ)

いやぁ土屋さん、いい「嫌なやつ」っぷりですなぁ。

最近あまり料理が云々っていう話が無いんで少しさみしいですが
ドラマメインでも割と楽しませてくれます。






[ 2009/07/06 22:54 ] [漫画雑誌]09年07~09月 | TB(0) | CM(0)

咲 

13話で終わるかと思いきや、
もしかしたら26話なのかも。
麻雀のルールはよく知らないので、
なんか雰囲気を楽しんでいる感じ。
咲、描いてみましたが、似ないなぁ・・・。

アニメ公式サイトを見てみたら、
タコスのチェーン店「Taco Derio!(タコデリオ)」の
店内のトレイマットが咲-Saki-バージョンになってるとか。
都内なので行けませんが。
そういや、タコスって食べたこと無いかも。

[ 2009/07/06 11:37 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

運動不足 

解消のためにペットボトルに水を入れて、
ダンベル的にトレーニングを
してみようかなぁなんて。
頑張って続けなくては。

[ 2009/07/03 15:22 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

ヤングジャンプNo.31 漫画ゴラクNo.2170 モーニングNo.31 感想 

「週刊ヤングジャンプ No.31」(集英社)

「GANTZ」(奥浩哉)


うーん、凄い。今週は迫力あった。
完全に画力で売っていく人になってるなぁ。

「変」描いてた時からは想像がつかん。

今回の「赤」の描写、単行本でもカラーページに
するんでしょうね。

3ヶ月休みらしいですが、気長に待ってます。





「週刊漫画ゴラク No.2170」(日本文芸社)

「銀牙伝説ウィード」(高橋よしひろ)

最終回… ってまた更に続編やんのかよ!

一応説明しておくとこの作品、昔ジャンプでやっていた
「銀牙 -流れ星 銀-」の続編であり、銀の子供の物語なのだが

次回からはさらにその子供、オリオンとやらが主人公。

連載500回もやって、まだやることがあるのか。


ウィード始まった当初は、その期待の余りブックオフで銀牙を
再読し、「やっぱ面白いわ」と若干ハイになりウィードを購入していました。

時が経つにつれ冷静になり
「流石に新刊で買う内容ではない」と自分を納得させるまでに
3巻まで購入してしまった(いまだ実家に眠っている)。

昔の面影のためにツマラン作品をズルズル購入してはいかんと
認識するいい勉強になりました。
(同じような感じでリンかけ2も見切りをつけた)


10年やって今思うことは
「別に続編、やらなくても良かったんじゃないか」と


ウィード自体が完全な蛇足感がしていたのに…
どういう層の需要何だろうか。




「モーニング No.31」(講談社)

「もう俺、ハエでいいや」(大ハシ正ヤ)

最終回。何気に好きだったんですけどね

1巻買った時にあたった景品(くわしくはこの記事)

高値で売れる時代が来ないかなぁ
(別に売らないですが)

でもこの人、新作ってどうするんだろう。
漫画っぽい漫画、描けるのだろうか。

年末に出るらしい最終巻。 買います。



[ 2009/07/03 00:22 ] [漫画雑誌]09年07~09月 | TB(0) | CM(3)

7月購入予定コミック 

『ピューと吹く!ジャガー 17』
うすた 京介     集英社 07/03

『ZOOKEEPER 8』
青木 幸子     講談社 07/23

『もやしもん 8』
石川 雅之     講談社 07/23

『拝み屋横丁顛末記 12』
宮本 福助     一迅社 07/25

『魔法なんて信じない。でも君は信じる(完)』
西島 大介     太田出版 07/下

今月はこんなところでしょうか。
西島大介の本は(完)ってなってるのが気になるなぁ。
初めて見るタイトルなんだけど・・・。
『世界の終わりの魔法使い』のシリーズかと
思っていたけど出版社が違うみたいだし。
(河出書房新社だった)


[ 2009/07/02 10:15 ] [日記]購入予定コミック | TB(0) | CM(0)

プレイボーイNo.28 週刊少年マガジンNo.31 感想 

「週刊プレイボーイ No.28」(集英社)

「キン肉マンⅡ世 究極の超人タッグ編」(ゆでたまご)

今週は特にネタがなかったので先週の話。

キン肉マンの体に埋め込まれた砂時計の砂をどうにかして
落とさないようにする話。

上下逆さましにて、「そんな小細工が通用するか」
みたいなことを言われていたのに、

磁力なら引きつけて戻せるとか…


こっちの物理的な力ならいいんかい!
毎度ながら楽しませていただきました。

っていうかこの呪いの砂時計の設定
無しにして最初から普通に戦ってもよかったんじゃない?



「週刊少年マガジン No.31」(講談社)

「我間乱 〜GAMARAN〜」(中丸洋介)

こっちも別に今週号というわけではなく最近の近況。
もっと早いめに書いておけばよかったのだが、いかんせん
記事を書く気が薄れてきてしまい…

当初からなかなか面白いです、この作品。
本当に新人なのか?と思えるほどあまりありがちな設定を
多用しない。

三十一の流派から最強を競い合う武芸格闘モノです。

最初の長刀使いのところとやり始めた時
敵の軍勢が5人くらいいて(無論主役のところは一人)、

「これ、いちいち戦っていくの? ウゼェ」
と思っていたら、意外にさらっと片付けて次の展開に

敵の大将も負けた後「どうせ仲間になるんだろ」と思い気や
(るろうにの相楽左之助みたく)
それもスルー。

あんまマガジンらしからぬ感じですね
こういうのジャンプとか好きそうなのになぁ。

…すごいひさびさの漫画感想。

もはや書き方が分らぬ。





[ 2009/07/01 22:29 ] [漫画雑誌]09年07~09月 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。