スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

面白いと思ったが、ヒットしなかったシリーズ   その1 

作品名: 惑星をつぐ者 
    -Inheritor of the planet-
著者: 戸田尚伸
雑誌名: 週刊少年ジャンプ(集英社)
初出: 1995年 41号



主人公、バラダット・ナイブスは
宇宙を旅する全宇宙最高額の賞金首。
数億に及ぶ惑星マリスの全住民を、
たった一人で絶滅させたとされる真相とは?
またこの男が旅をする目的は?
鬼才、戸田尚伸が週刊少年ジャンプで描いた
スペースオペラ!



くどいようですが、

掲載された雑誌は週刊少年ジャンプ
です(こんな画風で、中身見たらさらに驚くかも)。

この漫画が始まるときはかなりの衝撃を受けましたねー、
平成の時代に「コブラ」が来た!みたいな

確か「新時代SF元年(うろ覚えです)」とかの見出しで、SF漫画の連載が一時(のみ)ありました。

同期の漫画には、皆さんご存じの「レベルE」(冨樫義博)。

その陰に隠れて、濃いタッチの絵柄のせいか、はたまたストーリーのせいなのか、当時(おそらく今ではそれ以上)のジャンプ読者には全く受け入れられず、当時としては異例の全一巻。

ネット界では支持者も多いみたいですが(amazonとかも異様な高値ですし)、一般世間の認知度は低いですよね。

15年以上はジャンプを読んでいる人には
「あー!コレあったなー!なつかしー」
年数が浅い方も
「こんなのがやっていたのか…」
など思っていただけたら幸いです。

以下ネタバレあり

本題ですが設定もキチンとされているかと思います。


主人公は人類種の絶滅に歯止めをかけ、更なる進化を試みる生物学者
(これだけでもジャンプでは画期的)。
研究により特殊細胞(タフブースター)を生み出すものの、それは人類にはまだ適応できない未完成品。

同僚のJと呼ばれる者の手により、研究成果は盗まれ、
タフブースターは惑星マリスの全住民に植え付けられる。
その後主人公以外の住民の全ては細胞に耐えきれず、
正気を失い怪物と化してしまう。

襲いかかる住民をやむを得ず殺害し(数億人全員、こんなに殺す必要もあるのかと思うが)、指名手配をかけられるもJを殺すため、旅を続ける…。

というストーリー



そして特筆すべきはタフブースターの設定ですね。
コレを植え付けられることにより

・環境適応能力の増加(たいがいの星で生存することが可能)
・傷の回復(ボロボロにされても次の回には元気)
・精神力の増幅

等の特殊能力が加わるため、いろんな星を舞台にしても大丈夫というやり方にしています(ドラえもんのテキオー灯みたいな)。
便利ですよね(いろんな意味で)。

精神力の増幅については、主人公の技(というか武器)である
自在剣(スパイラル・ナイフ)に関わってきまして、
この武器は精神力で自在に操れる見えない剣という設定で、
当たった敵を切り刻める「サイコガン」と申しましょうか。

伝説の戦闘種族グール人の武器なのですが、タフブースターにより異常に精神力が増加した主人公には扱うことが出来、


さらにこの主人公はそれが2本同時に扱うことの出来る能力を持ち、
自在剣の弱点である「武器を放出している間は手元が無防備」
という状態を無くし、防御と攻撃を同時に行うことが出来る凄い人物です(大魔王バーンの天地魔闘の構えに近い?)。

内容も何げに深いことを言ったりして
生物には種族寿命というものがありそれはだいたい30万年、
しかし人類種は60万年以上続き、絶滅に向かうのは自然の摂理である

ということに若い時代はそれが認められず抗おうとした。

が、その行為は神の領域と知り、人間は入ってはいけないと自覚するも…
“神”はそれでも希望を失わない主人公に試練を与え、人類種の次の段階への進化を促す。

という「進化とは?」を命題にした結構伏線をいろいろ張ってたりします(全一巻のためガンガン暴かれていきますが)

ツッコミ所も多いですが、面白い作品だと思います。やはり雑誌を間違えたのかも、当時「銃夢」が連載していたビジネスジャンプとかでもやっていれば歴史が変わったかも

いろいろ読み切りも書いていましたが、ジャンプがらみではもう来ないでしょうねえ
スペリオールで「カルロス・ゴーン物語」書いてたのにはびっくりしました。

まあ話のネタにでも漫画喫茶や書店で探してみてはいかがでしょうか




ブログランキングに参加しました。
良かったら、励みになりますので、クリックお願いします

        ↓
  
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/125-2ab203fd


レベルEレベルEは、1995年~1997年に週刊少年ジャンプで月イチ連載されていた冨樫義博の漫画。ドグラ星の王子が地球にきて、いろいろと騒ぎを起こす話。読者の裏をかく展開が面白い。コミックは全3巻で掲載全16話のみのコンパクトな作品ながら、詰め込まれたアイディアの量
[2007/07/29 10:59] URL このマンガが読みたい!










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。