スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モーニング No.24 感想 

「モーニング No.24」(講談社)

「天才柳沢教授の生活」(山下和美)

この漫画では珍しく、柳沢教授の結婚後間もない時代の話
(長女がまだ4歳くらいです)

自分と年が近いためか、今回の話はしんみりときましたね。
レビューをするにはあまりにも有名になったため書きませんが

漫画好きなら必読の作品だと思っております


「黒博物館 スプリンガルド」(藤田和日郎)

新連載第2回。
うーん、なかなか展開の早いのが良いですね
(もう犯人とか明かしちゃったし)

やはり博物館のコレクションに関わるエピソードを次々紹介して
3,4回で「バネ足ジャック」から次の話に変わるのだろうか

この作品も期待を持たせてくれます。


今回の号はいつもに比べ、平均的には盛り上がりに欠ける感じでした



スポンサーサイト
[ 2007/05/19 00:31 ] [漫画雑誌]07年6月以前 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/149-6afd1af0












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。