スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スピリッツNo.25 イブニングNo.11 感想 

「ビッグコミックスピリッツ No.25」(小学館)

「日本沈没」(画:一色登希彦 作:小松左京)

総理大臣の文字通り「命をかけた」会見。
日本沈没。まずは九州。

ちょっと期待を持たせる終わり方。
ものすごい描写が始まるかも(東京のヤツ以来の)


「中退アフロ田中」(のりつけ雅春)

日常コメディーなのに、ラストページで主人公が寝泊まりしている
「離れ」に隕石落下。

…なんて唐突な展開



「イブニング」(講談社)

「もやしもん」(石川雅之)

フランス(というかパリ)の建物では、景観を損ねるという理由から
道から見える窓からは洗濯を干したりすることが出来ないとのこと。

どうするのかというと

建物が  のように周囲を
壁で囲まれた中庭を持っており、そこで干すのだとか。

「google earth」とかで見ると分かるそうです。


「イブニングパブのこりび」(いとう耐)

現在連載している、この作者の漫画は、作者自身が漫画の中で
時事ネタなどを語っている。というスタイルなのですが、

作者は常に後ろ向きで出ています。

今回はいとう耐先生が何故いつも後ろ向きなのかという話。

…デビュー時は普通に正面向いていたんですね
というかエロ雑誌とかで書いていたとは。…知らんかった。


「ビビリメガネ」(門辺美沙)については、別枠で
記事にします。

わざわざご本人から(しかも3回!)コメントを頂いたとあっては…
コメント掲載の記事はこちら


スポンサーサイト
[ 2007/05/21 21:58 ] [漫画雑誌]07年6月以前 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/153-4b1b0c13












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。