スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

心機一転タイトル変更 

この記事を見ている時点で、変化に気づかれるでしょうが、

タイトル変更しました。
しばらくは(少なくとも半年くらい)よほどの事情がない限り
これでやっていこうかと

関係ないですが、
昨日買った小説「天帝のはしたなき果実」(古野まほろ)
結論から言うと、…失敗しました。

・キャラクターがそれぞれ確立していなく分かりづらい
・必要以上にルビを振る単語が多すぎて読むのがしんどい
・専門用語が多く(それはいいのだが)、それが書くことによる
 自己満足で終わっている感じがする

というのが感想。必要以上のルビというのは作中の

・「はいはい(ジャンネマール)」と柏木
・おい、青少年ども(マラディオーシ)


等と日常単語のごく一部だけが何故かフランス語(舞台は日本)。

あとは色に関して、恐ろしく(無駄に)記述が多く
・カンディンスキー調のシャツは、紅花色(サフラワー)に鶯色
 (グラスグリーン)が見事に秋襲(あきのかさね)だ
・売店の太ったあばちゃんが紅梅色(オールドローズ)の箱を…
他にも韓紅色(スカーレットメイプル)、那波里黄色(ネイプルスイエロー)、黄丹色(マリゴウルド)…etc


…と「逆に情景が把握できんわ!」という書き方
しかも内容には絡んでこない「その言葉が言いたいだけ」な感じ

まあとにかく150Pほど読んで苦痛になり断念
これに費やすくらいなら読む本は限りなくあると思い

…久しぶりに失敗した買い物。半額とかで買わなくてよかった。

スポンサーサイト
[ 2007/07/01 15:39 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/198-7cb87dff












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。