スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アクションNo.15 ビーム8月号 感想 

「漫画アクション No.15」(双葉社)

「鈴木先生」(武富健治)

中学生に対する避妊教育の指導。

いやー、今回は熱かった。武富先生の持論、見させてもらいました。
(ものすごい文字数の量だった)

中学教師を描く上で、まあ避けては通れない道。
真っ向からぶつかった感じを受けました(正しいかどうかは別として)。

こういうことに本気で魂をぶつける感じは、普通のメディアでは
敬遠されそうだから…。
そういう意味でこの「アクション」は凄い。

ドラマ化の話とか来そうですけど、
テレビではまず間違いなくつまらなくなるでしょう。




「月刊コミックビーム 8月号」(エンターブレイン)

「銭-ぜに-」(鈴木みそ)

様々な現代の職業について「金」と言う視点から裏事情を斬る
という社会派(?)漫画。


例えば、第弐話「漫画雑誌の値段」から

発行部数2万部の漫画雑誌(500円)の売上は1000万円。

・印刷、製本、運送等の印刷費 130万円
・紙代 130万円
・スタッフ(編集等)の人件費 100万円
・タクシー代、打ち合わせ代等の諸経費 100万円

さらに本屋の取り分として売上の40%の400万円
(この辺がマニアック、知らなかったです)

これらを差し引いた残高140万円で
作家の原稿料を支払わなければならない。

原稿料はピンキリですが1ページあたり1000円~20万円。
平均2万円とすると、どうやっても赤字になる…

これでどうやって会社として成り立っているのか

と言うような感じ

初期では漫画雑誌・アニメ・コンビニの値段から
最近では声優業界、アダルトビデオ業界など、

おもわず唸ってしまうようなウンチクが満載。


今号は、だれでも一度はお世話になる業界「葬儀屋の値段」。

現代の葬儀屋業界の事情についてです

うーん、やっぱりチョイスが渋い。
こういう分野はあまり着目されないからなー。興味あるジャンル。
今回は前フリなので、次号に期待。


スポンサーサイト
[ 2007/07/15 21:06 ] [漫画雑誌]07年07月 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/219-e067ffea












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。