スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

倒れるときは前のめり。 

年をとっても自動的に
大人になれるわけじゃない



著者:
いのうえさきこ
雑誌名:
ヤングチャンピオン
(秋田書店)
初版発行:
2006年9月



はじめて飲んだお酒は養命酒。
そこからはじまり、
七輪で新秋刀魚を焼きながら、はたまた、
築地で、釣り堀居酒屋で、
台北で、立ち飲み居酒屋で、
地ビールまつりで、
かまくらでジンギスカンをつつきながら、
ひたすら飲みまくる、実録酒飲みコミックエッセイ。



以前も一度『ヤングチャンピオンNo.13 感想 』
で、少しレビューを書いています。


今回は、コミックの話。
夫が私が気に入りそうと、薦めてくれた一冊。

けらえいこや小栗左多里など、
エッセイコミックが好きで
結構集めてますが、こちらもなかなかいけてます。

4コマでさくさく読めるし、
絵柄も味があって可愛らしいです。
まぁ、私はお酒を飲まないので、
お酒による失敗談とかは、
あるある~とかにはならない訳ですが。

酒飲みエッセイとは言え、
それだけではなく、
ヘンなパン屋の話とか、
父親が町議会議員選挙に出る話とか、
確定申告の話などなど、バラエティに富んでます。

すごかったのが、岐阜の喫茶店の話。
コーヒーを頼んだら、
サービスでプリンらしきものが出てきて、
喜んでいたら
茶碗蒸し
だった。というもの。
うーん、岐阜恐るべし。

作者は女性ですが、男の方でも
全然抵抗無く読めると思います。オススメです。

作者のブログもあります↓
ことのはマッスル

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/262-42f4bcc3












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。