スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天元突破グレンラガン第22話「それが僕の最後の義務だ」感想 

…うーん、面白い。
前回の予告で戦艦であるアークグレンと合体し…
というのは分かっていたが、月自体がガンメンであり
戦艦(カテドラル・テラ)になるとは(…それを同じ週でやるとは)。

何という速い展開。

また更に超々巨大ロボットに合体するんでしょうが、
…どんどん「ゲッターエンペラー」化してくるなぁ。と思う次第。
漫画を含めたロボットアニメ史上、最大の大きさでも狙っているのか。


アークグレンラガンに合体するくだりとか凄かった。
まさかロボットのままコクピットに入るとは思わなかった

しかもポーズはいつもの「腕組みに仁王立ち」
(「トップをねらえ!」でお馴染みの“あの”ポーズです)

何となく勝手に、ゴーディアンとかマシンロボの
ロム→ケンリュウ→バイカンフー
みたいな巨大化をイメージしてたんですが、規模がでかすぎる。



ストーリーも良かったですよ。
ニアの意識が実はまだ残っていて、助けを求めていたあたりは
ちょっと泣けてきました。



最終回まで、もう残りわずか。

あまりに展開がスピーディーすぎてアークグレンラガンとか
全話の中で最も目立つ話にならないといけないはずなのに、
(「アークグレンラガン」状態では、今後そう闘わないですよね)

さらっと終わりすぎた感が否めなかったが

限られた時間の中での、必死にもがき・闘う様を見せつけられました。
(作品的にも、それを作るスタッフ的にも)

今後も期待大。目が離せません。


…関係ないですが、「アーク(方舟)」とか「カテドラル(大聖堂)」
等、何故か宗教絡みの命名ですよね。何か意味あるんだろうか
 あと量産機の「グラパール」の意味も知りたい

トラックバック送信先
→制作ブログ「ドリル銀河に男の魂ッ!」





スポンサーサイト
[ 2007/08/26 11:35 ] [感想]アニメ | TB(4) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/269-fda0c5dc


天元突破グレンラガン 第22話 「それが僕の最後の義務だ」

シモンとヴィラルの宿命を超えたグレンラガンの力は、ムガン郡を蹴散らし。アークグレンとの合体までも可能とし、時空間までをも貫く!落ちてくる月――絶対的絶望を押し返そうとするシモン。激突1分前がきたら離
[2007/08/26 11:58] URL SERA@らくblog

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第22話 「それが僕の最後の義務だ」

天元突破グレンラガン 3その時、グレンラガンが現れた!!暗黒の宇宙に現れた救いの光・・・そして人々は希望を取り戻した・・・。
[2007/08/26 12:40] URL ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第22話 「それが僕の最後の義務だ」

天元突破グレンラガン 3その時、グレンラガンが現れた!!暗黒の宇宙に現れた救いの光・・・そして人々は希望を取り戻した・・・。
[2007/08/26 12:40] URL ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

マシンロボマシンロボは、1982年にバンダイより発売された変形型フィギュアシリーズである。自動車や新幹線、戦闘機や猛獣などが人型ロボットに変形するコンセプトは、タカラトミーで発売されている『トランスフォーマー』と同様である。展開現在までに、4期ものシリーズが
[2007/09/29 20:37] URL 懐かしい玩具・進化した玩具の数々










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。