スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヤングガンガンNo.17 モーニングNo.39 感想 

「ヤングガンガン No.17」(スクウェア・エニックス)

「モノノ怪」(画:蜷川ヤエコ)

原作は、『怪 ~ayakashi~ 製作委員会 アニメ「化猫」』
少し前のアニメのコミック化です。

アニメも見ましたが、この漫画かなり上手い、上手く模してます。

こういうの、わりと酷い作品が多いのですが

…しかしそれだけに、わざわざ漫画化しなくてもいいのでは?
という気になってしまう。

基本的には漫画のアニメ化、ましてや実写化。逆にアニメの漫画化
等は、好感が持てないモノなので(一部例外有り)



「探偵になるための893の方法」(原作:我孫子武丸 漫画:坂本あきら)

ゴミ屋敷における殺人事件
周囲をゴミ袋の山に囲まれた密室トリック解決編


なるほど。
答えを知ってしまえば単純ですが、中々良かったと思います。

さすがは我孫子武丸氏。本業の力といったところでしょうか。

…主人公、全然しゃべってないですね。まあいいんですけど




「モーニング No.39」(講談社)

「僕の小規模な生活」(福満しげゆき)

そうか、やはりモーニングクラスになると担当からふぐとか
食べさせてもらえるのか…

週刊連載のアメとムチ。色々ありますね。

…関係ないですが、モーニングのホームページで連載作品の一覧のとこ
『僕の小規模「の」生活』
にずっとなっているのが、非常に気になる。



「きのう何食べた?」(よしながふみ)

美容師と料理好き弁護士のゲイ二人の話なんですけど

なんというか、地味に面白い。

何げに料理漫画としても面白かったりする。


スポンサーサイト
[ 2007/08/30 23:01 ] [漫画雑誌]07年08月 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/277-0b9fa34e












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。