スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アクション ビーム スピリッツ 感想 

「漫画アクション No.23」(双葉社)

「鈴木先生」(武富健治)

相変わらずの面白さ。今回も作者の地力が見えた話
あまり「つまらない回」が無いというのは凄い。


…だけど今の学校教育は我々が普段思っている以上に
手のかからない子供の心の摩耗の上に支えられているんだ…



メディアも現場も、ダメな子を何とかさせるために躍起になり
場の空気を読み、自分を殺している生徒には気付かない とうもの

今回の話では、だらけて掃除をしている生徒に対し、先生は
頭ごなしに叱りつけても寧ろ掃除を破棄し出す可能性を踏まえ
よくやっているなと、とりあえず褒める。

嫌々ながらも真面目に掃除を行う生徒はそんな先生に対し怒りを
覚えず、むしろ場を読んだ行動だと諦める。
さらに自分が先生の行動に嫌な顔をして、困らせないように
気を使って元気を振る舞う


非常に分かる。ちょっと自分もそういうところがあった。

いやあ、良い事言うなぁ。
こう自分の中でもやもやしてるのが、しっかり言語化されたのを
見ると気持ちが良い

おお、それそれ、それが言いたかったんだよ! みたいな




「月刊コミックビーム 12月号」(エンターブレイン)

「銀河宅配便マグロ」(おおひなたごう)

男子がどういう方法で洋式トイレで小をするか?の話
…流石にこれはナイわという方法が登場。作者の実体験だろうか…

まあ、面白かったです




「夜は千の眼を持つ」(上野顕太郎)

単行本が11月26日発売!タイトルは「星降る夜は千の眼を持つ」。

去年単行本が出たときに「1巻」と付いていなかったので
次にどうなるんだろう? と思っていたらタイトルが変わるとは。

…関係ないですが、私の見ているコミック発売日の確認サイトに
この漫画が11月の発売一覧に入っていなかったのだが。

酷い扱いだ。私は買いますよ!…1500円近くもしますが

ちなみに「夜は千の眼を持つ」の過去レビューはこちら



「ビッグコミックスピリッツ No.51」(小学館)

「チェリー」(窪之内英策)

…まさかの夢オチ? 次号最終回

こういう展開だけにはして欲しくなかった…
とりあえず最終回に期待を込めて待っています。
自分の想像を裏切って欲しい


スポンサーサイト
[ 2007/11/21 23:09 ] [漫画雑誌]07年11月 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/381-5bf1e323












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。