スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

番線 

番線

当ブログでも紹介している『暴れん坊本屋さん』の作者
久世番子先生の最新作。

暴れん坊本屋さんの続編のような感じで、
こちらも大変面白いです。
個人的には、国立国会図書館や教科書が読める図書館
の話が大変興味深かったです。
国語の教科書の話など、あーわかるわかるの連続です。
その他、写植や校正の裏話もあり、
笑いながらもためになる漫画です。

新書館では、
「番線〜本にまつわるエトセトラ〜」と
「配達あかずきん 成風堂事件メモ(1)」の
2冊連動の応募者全員サービスがあるそう。
本屋さんしか読めなかった、スリップに描かれた4コマ漫画を収録した
小冊子がもらえるらしく、
これは応募せねばと思っている次第です。
詳しくはこちら。

スポンサーサイト
[ 2008/04/09 16:46 ] [感想]コミック | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/457-26d8c695












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。