スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヤングジャンプ 漫画ゴラク チャンピオン 感想 

我ながらこの9月の更新はヒドイな…。

ちょっとここ最近雑誌も面白くなってきたので久々に


「週刊ヤングジャンプ No.43」(集英社)

「ハチワンダイバー」(柴田ヨクサル)

やはり
『ドラマ化すると漫画が面白くなくなる法則』は健在

ドラマが終わってからまた徐々に面白くなってきた。
(今週すごい後ろになってたんですが…)

将棋のことは全然ワカランのだが、この敵の攻めに応じて
どんどん返し方を変えていくという『ハチワンシステム』。
素人目では面白いのだが、熟練者から見てどうなのだろうか…

「おおーっ! この手があったか!」
とかには、さすがになってないんでしょうね

今回の主人公とヒロインの並行バトル、熱いです。



「LIAR GAME」(甲斐谷忍)

次のゲームは『回らないルーレット』
前回までの17ポーカーのように、既存のギャンブルを簡略化し
戦略性を絞りやすくするモノ。

このやり方は流石だと素直に感心
多くの人が知っているルールを持ってくるので
イメージがしやすく、ルールを単純にするため

結果までの導き方に必然性が出てくる

解答が出てから、「ああ、なるほどな」
となるわけです

17ポーカーなど、聞いてしまえば答えは単純ですが
「確かに」と素直に納得できた。

サンデーの「ギャンブルッ!」とかは
結果が「ええーっ!?」っていうのばかりだからなぁ…


関係ないですが最近の『賭博覇王伝零』
答えのの読みようがないんですが…
全然頭使わない漫画になってきたな。


「週刊漫画ゴラク No.2132」(日本文芸社)

「ミナミの帝王」(作:天王寺大 画:郷力也


工場内のクリーンルーム(キヤ●ンっぽいような…)で働く
ハケン工の話。

…親が死んで5日間休んだために時給を下げられるとは
(無論有給扱いなどならない)

一応私も昔は技術職として働いていたため
工場で試作品を流したり工場での業務も多く
同じような環境で働いてきていた人たちを見てきたため
なんというか、切実です。


「外道坊&マーダーライセンス牙」(平松伸二)

「外道坊」からタイトル一新(?)。

この人も過去の栄光にすがるなぁ…
結局新作の意味無かったんじゃない?

というかwikipediaでみたら、小栗かずまたって
この人のアシスタントだったの?
…何を学んできてああなってしまったのか。


「週刊少年チャンピオン No.43」(秋田書店)

「範馬刃牙」(板垣恵介)

克巳VSピクル この戦いは久しぶりに面白い。

てっきり
真マッハ突き→瞬時にパクられる→瞬殺
とかになると思っていたのに

鞭について調べてみたが、今回の理屈は謎
(唯一人の力だけで音速を出せるモノらしい)




書くのが久しぶり過ぎて凄い時間がかかった



スポンサーサイト
[ 2008/09/25 22:32 ] [漫画雑誌]08年04~06月 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/507-9d2b6c3f












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。