スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モーニング NO.48 感想 

「モーニング NO.48」(講談社)

「BILLY BAT」(浦沢直樹/プロット共同制作・長崎尚志)

新連載第三回。
第一話では「何と!こういう漫画も描けるのか」と思ったが、
いかにも「浦沢直樹」的な作品に。

まあ、間違いなくヒットするんでしょうね。

引っ張ってまたすごい巻数になりそうだなぁ。



「宇宙兄弟」(小山宙哉)

うーん、結局いろいろあったが試験結果は
無難にまとまってしまったなぁ。

通るべき人が普通に通ってしまった感があるが、
今後の話作りもあるし、致し方ないと言うところか。


次週はBoichi氏の新連載。
この人わりと好きなんですけど今回原作付きなんですよね。
原作:矢島正雄と書いていて、
一瞬釣りキチ三平の矢島正雄先生と勘違いしてしまった。
ドラマの脚本をメインに書いている人みたいですね。
脚本のドラマを調べてみると、正直微妙。

Boichi先生のモーニングでの読みきり「HOTEL」は
かなりの名作と思います。当時読んでて衝撃を受けました。
こんなSFをかける人が、まだいるんだなと。
「サンケンロック」しか知らない人はなお驚くかも。

最近短編集として単行本が出たので興味のある方はぜひどうぞ
(HOTEL以外は…ちょっと という作品もあろうかと思いますが)



一日空けるとまた書く気が失せそうなので
多少無理して書いてみました。



スポンサーサイト
[ 2008/10/30 23:31 ] [漫画雑誌]08年10~12月 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/524-40e13765












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。