スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マンガの選考って… 

昨日の記事の続き。

またつたさんよりコメントが寄せられ(感謝!)、
主催者であるヒロさんのブログ
「古本屋の戯言」ヒロ氏のブログにとりあえずの参加表明を書く。

2008年末までに1巻でも単行本が発売された作品なら
なんでもアリという非常にわかりやすいルール。

そこから5作選んで下さいということだが、

こういう時って(どういう時だよ!)
非常にしょうもないことを気にしてしまいません?

相手がどういう選考結果を求めてきているとか
見る人の影響をイチイチ気にしたりとか。

全然気にしてないだろうとは分かっているのですが
割と真剣に考えちゃったりします

普通に『自身が最も素晴らしいと思う作品を5つ』
とか言われると、簡単なんですけどね。
ちなみに手塚作品に対する思い入れは信者に近いので
(面接においても「尊敬する人は」に手塚治虫と言っている)

・火の鳥
・ブラックジャック
・ブッダ
・鉄腕アトム が鉄板。
あとは三つ目がとおる、どろろ、七色いんこ… あたりか。

あと藤子不二雄、石ノ森章太郎とか大好きです。


『このマンガが凄いから読め!(仮称)γ版・2009』
っていうタイトルからしてマニアック路線の方がウケが
良かったりするのかなぁとか考えるのですが、

逆にマニア自慢とかになっても変な感じだし。
(『俺ってこんなのまで知ってるぞ』的な感じの)

また余談ですが、私が所有しているマンガでおそらく最も
発行部数が少ない作品は、小説家である竹本健治先生
の『入神』(南雲堂)という囲碁マンガ。
わりと面白いとは思うのですが、
よほど作者に思い入れがないとお金を出して買えとは
すすめるなんてできないキワモノです。

今のところの候補は
今の作品もわりとここからパクってるものとかあるので
大本を一度読んだ方がいいのでは?とう意味合いで
・藤子・F・不二雄のSF短編集
・デビルマン
あたりとあとは最近の作品からいくつか

とかを考えています。割とこういう考える作業も好きです
…ついつい長文になってしまった。結果はまた後日。



スポンサーサイト
[ 2008/12/16 23:50 ] [日記]日々のあれこれ | TB(0) | CM(1)

この度は『このマンガが凄いから読め(仮称)』にご参加、ご協力頂きまして、誠にありがとうございます。
また、ご挨拶が大変遅れた事をお詫び致します。

一応"年内初版の新刊"という縛りはございますが…たびびと様のランキング、楽しみにお待ちしております。

簡単ながら、挨拶とご参加の謝意を込めて…

『このマンガが凄いから読め(仮称)γ版2009』主催・ヒロ拝
[ 2008/12/22 23:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/568-394380d6












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。