スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

漫'sプレイボーイ 2号 感想 

「漫'sプレイボーイ 2号」(集英社)

「キン肉マンII世スピンオフ テリー・ザ・キッドの夜明け」
(ゆでたまご)


テリーマンの息子の幼少時代。

ザ・魔雲天(…ってか子供いたんですね)親子に
いじめられる様子が、

すごく「バック・トゥ・ザ・フューチャー 」な感じだった。


あと面白かったのはカラスヤサトシと松田洋子かな。

松田洋子といえば、この前に出た
「別冊本当にあった笑える話」(ぶんか社)のやつが
面白かった。

貧乏すぎる幼少時代に母親と行商に行った工場で
ネクタイ(しかも2本)を買ってくれた青年が後の森進一
というやつ


…いかん、全然書くことが無い。
最近「おお!これは面白い」みたいにあまり感じない。
「ONE PIECE」が今一番面白く感じて売るかも。




スポンサーサイト
[ 2009/08/19 22:36 ] [漫画雑誌]09年07~09月 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/675-81ea1c89












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。