スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ぼくらの」 2話目感想 

一人目のパイロットに撰ばれた「和久隆」が
敵ロボットを破る回です。

1話目も、多少「あれっ?」と思っていましたが
2話目以降、だいぶ原作と食い違ってきましたね。

敵ロボットの形状が違うのはまあいいとして、

少年の回想シーンとして、
名のあるサッカーチームで活躍していたにも関わらず
自分が何のためにサッカーをしているのか分からなくなり
中学からクラブをやめる場面において…

サッカー等とは全く縁がないと思っていた自分の父親が
小学生時代全国選抜大会に出場していた名選手であるということを
自分が初めて気づく

という親父を思い出すエピソードは丸々カット

さらに
その上で述べた回想シーンも含め、自分は「隠されたヒーローになる」
というセリフ等、原作では自分の心の中の話であるのですが

…アニメでは友達に話しているという設定なんですよね。

「隠された」
とか言ってるんだから、人に話しているのはどうかと思うんですが

あと、とどめを刺すシーンも
「オレは、サッカー、 やっ!! てんだ!!」
というセリフと共に、
高速移動する敵に、斬り落とされた自分の腕を蹴り飛ばし
敵に突き刺すのですが

アニメでは敵に捕まれている状態から同じセリフで普通に蹴る


やっぱ、腕が落ちるとかのシーンに問題あるんですかねー


あと「ジアース」というロボットの名前を決める時にも
原作ではベッド(これ自体アニメにはない)に
地球を守る-「Zearth」とペンで書くんですが、口頭説明。
結構良いシーンだと思うんですけどね(名前をわかりやすくするためにも)。

と結構グチっぽくなってしまいましたが、アニメ自体の評価は
高く、面白いと思います。

主題歌も、ちゃんと原作のことも考えて作ってるみたいですし。
特にOPの「アンインストール」はかなりの名曲かと。

歌っている人(作詞作曲も)は知らなかったんですが
See-Sawの人だったんですね。

でも原作とはだいぶ離れた内容になりそうですね。
今の時点から察すると、「半井摩子」や、特に「本田千鶴」の回とか
そっくり違う話になるのでは…。

今後に期待です

ブログランキングに参加しました。
良かったら、励みになりますので、クリックお願いします

        ↓
  

スポンサーサイト
[ 2007/04/21 23:50 ] [感想]アニメ | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pottepote.blog91.fc2.com/tb.php/99-39928cd5


(アニメ感想) ぼくらの 第2話 「ジアース」

ぼくらの 6 (6)ココペリは、巨大ロボットに乗って敵と戦った。地球を守るために・・・。そして、子供達の前にコエムシが現われた。これは、ただゲームなどではない。そう、残酷なるゲームの始まりだ・・・。
[2007/04/22 18:27] URL ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。